ぎっくり腰の治療で病院に行くなら何科が良い?即効性を求めるなら?

物を取ろうとして屈んだ瞬間に
腰や脇腹当たりでピリッとしてからズキンズキンと

痛くなって声も出せずにその場で
痛みに耐えながら動けなくなってしまったと言う
情けない経験を皆さんはした事がありませんか?

そうです、ぎっくり腰と言うやつです。

私は恥ずかしながら今までに数回経験しています。
私の場合は何気に座ってしまった時に起きていますので
重い荷物を持った時に起こるなどは関係ないみたいですね。

では、トイレに行くのもなり始めには
ハイハイしながら行かない位痛くて堪らないギックリ腰を

起こしてしまった時の私がする治療方法と
病院に行くなら何科の病院へ行けば良いのかを

怪我や腰痛などでお世話になっている
鍼灸接骨院の先生に教えてもらいました。

ぎっくり腰の治療が出来る病院は何科がおすすめ?

病院へ行くのならばお勧めは整形外科です。

私が行った整形外科での処置は
痛めた時の動きの話をして腰のレントゲンを撮り

患部を見てから電気を掛けたり湿布薬や
痛み止めのお薬といった処置をしてくれました。

痛み止めを飲むと腰の痛みは引きますが
一時的なもので薬が切れてしまうとまた痛みがぶり返します。

湿布薬も最初は冷やりとして良いんですが痛みが消えると言う事は
ありませんし冷え冷え感も余り長続きはしませんでした。

私の場合には1周間位は整形外科へ通っていたんですが
(自分で運転して行きましたが結構車の乗り降りが大変でした)

痛みも無くならないので知り合いの
紹介してくれた鍼灸接骨院へ行きました。

そこでの処置で痛みが徐々に引いたんですが、
整形外科の電気と痛み止めの薬と湿布薬を張ると言う治療とは違い、

整体という身体を右や左へ足も屈伸させて
骨盤の歪みなどを元の位置に戻す処置をしてくれました。

物凄く痛かったんですが痛みが和らいだ感じがして驚き、
病院での治療法を話してから先生に訳を尋ねると

ぎっくり腰は骨盤や骨の歪みによるものと
何万本もある筋肉の一部が断裂や損傷によるものがあり、

貴方の場合は骨盤の歪みによるものだったから
整体をすることで元の状態に戻せたので痛みが引いてきた・・・

と言う説明を受けて納得したと言うか
不思議な感じがしたのを覚えています。

その頃の私は病院での治療や処置が
最高の方法だと信じて疑わなかったからです。

筋肉の損傷や断裂の時には
その筋肉の補強をしてから治るのを待つそうですが、

レントゲンも撮らずに腰や背中を見てから
腰を捻りながら私の痛い反応を見て

先ほどの処置をしたのですから
接骨院の先生って何者?実は凄い?と思いましたね。

その、接骨院は病院には
カテゴライズされないみたいですので

薬や注射での痛み止めの投与や電気を掛ける
などの治療になりますが

病院としてのお勧めは整形外科と言う事になります。

ぎっくり腰の治療で即効性が期待できる治療方は?

いくつか有りますが、
整形外科での即効性のある治療法は薬や注射での痛み止めの投与です。

麻酔や痛み止めが効かない体質の方を
除けばほぼ全員の方に効果はあると思いますが
薬が切れると痛みはぶり返します。

針と言うものを皆さんは打った事は有りますか?

私は3度めのぎっくり腰から
前述の鍼灸接骨院で鍼治療をされました、されましたと言うのは

やはり最初に針を打つ時の抵抗感といいますか
ビビリなもので正直身体にズブズブと入っていくのに

恐怖感を感じていたものですから、
出来れば打ちたくないんですがこの時には

仕事の関係で早く治さなければいけなくて
先生に無理なお願いですが何とか早く治して下さいとお願いすると、

うん、じゃあ、針だねと言いながら準備を始めだしました・・・

この自体にいや、先生、針はまだ心の準備ができていないので
他の方法で何とかなどとお願いしましたが聞き入れてもらえず、

針の即効性を説明しながら本気で急ぐならこれしか無いよ
と言う先生の言葉を信じて(この頃には既に信頼関係は深くなっていたので)
まな板の上の鯉になりました。

結論からいきます、
私の場合ですが針の治療は効きました。

針治療なしの時には
早くても7日から10日間は仕事に戻れなかったんですが

針を打てば3日位で復帰できました。

正確には痛みが完全に消えた訳では無いのですが
コルセットなどで筋肉の補強をしながら仕事をする事が
出来ましたのでとても助かりました。

整体と針を駆使すれば痛みだけなら
1日で消して見せると豪語していましたが、

患者さんに負担がかかるので
おそらく2日位は寝込んでしまうらしいので
普通に針を打って3日から5日位で治す方が良いですね。

ちなみに鍼治療ですが背中や腰に全部で12箇所位打たれます。
中国針ではない日本の小さめの針でも2箇所ぐらいは
足が引きつるほどの激しい痛みを感じます。

ですが、
寝返りを打つのにも大変なぎっくり腰からの
開放の為には我慢して打って貰っています。

一時的に痛みを消すのには
注射や薬での痛み止めは効果は有りますが、
治すための即効性では鍼治療が1番だと思っています。

但し、
鍼治療のデメリットとしては
患者さんの体質によっては針の効果が効きすぎて

微熱をだす方がいると言う事と
初めて鍼治療する人ではそれが分からないと言う事でした。

ぎっくり腰に成った時の治療期間は?

完治するまでには2周間はかかります
と教えてくれました。

鍼治療などで痛みが消えていても
筋肉の損傷や断裂が元通りに戻るのには
やはり2種間は必要だそうです。

骨盤や骨の歪みなどの
重症の場合だともっと掛かることもあるそうです。

どちらにしても
俗に言いう後遺症的な痛みに季節の変わり目などで
悩ませられ無いためにも正しい整体で処置してもらいましょう。

まとめ

経験豊富な先生でないと
的確に整体をする事が出来ないので経験豊富な先生を探して下さい。

鍼治療も同じで経験豊富な先生でないと
効果がある針が打てないと仰っていました。

昔は近所に評判の良い接骨院さんがいたりしていましたが
最近では少なくなってしまっているんでは無いでしょうか、

そんな中で経験豊富な俗に言う腕の良い先生を探すのは
中々難しいかもしれませんが人づてでも良いので探してみて下さい。

もう20年以上この先生には家族全員がお世話になっています。
いざという時にはいつも助けて頂き本当に有り難いです。
最初に紹介してくれた友人には大感謝ですね。


おすすめ記事

関連記事

梅雨を除湿機で効果的に乗り切る?使い方と、気になる電気代は?
除湿機で洗濯物は乾燥する事が出来る?干す場所は?扇風機は必要?
鍼治療しても効果なしその訳は?回数は関係ある?翌日から効く?
洗濯物を部屋干しする時の注意点は?場所は何処に?除湿機は必要か?
足首の捻挫の腫れはどうする?固定方法は?治療はどこでする?
足首の捻挫が治らないのは何故?正しい治療方法は?針治療の効果は?
ぎっくり腰の原因を予防する事は出来るか?起きた時の治療方法は?
ぎっくり腰に針治療は悪化するって本当?保険は使える?整体は必要?
鍼治療の上手い下手の見分け方は?痛みは?評判を信じて良いか?
足首の捻挫で内出血する訳とは?治し方を間違うと?湿布は必要?
ぎっくり腰の応急処置にコルセットは使えるの?ストレッチの効果は?
針治療でぎっくり腰は完治するのか?打つなら頻度は?保険は使える?
腰に起きるぎっくり腰は前兆があるのか?症状と、対処方は?
ぎっくり腰なら病院は何科へ?処置は痛い?行かない方が良い?
寝室の窓の結露で掃除が大変!除湿機で防止?アパートならどうする?

Menu

HOME

TOP