腰に起きるぎっくり腰は前兆があるのか?症状と、対処方は?

ある日、突然襲う腰の回りの異常!
何気なく座った時や落とした物を拾うときに、
また、後ろを振り返った時や前かがみになった瞬間に・・・。

重い物は持っていないのに・・・
いや、むしろ軽い物や小さい物を取ろうとしただけなのに・・・。

本当に何気ない動きの中に
潜んでいる悪魔の様なア・イ・ツ。

こちらが油断しきっているのを
見計らったかのように突然起きる腰の激痛・・・。

そうですギックリ腰です!!

経験した方でないと分からないとは思いますが、
全く動けなくなると言っても過言ではない痛みに
腰の周りが包まれてしまいます。

そうなるとしばらくは
仕事どころではなく日常生活すらも大変で
寝返りも打てないなどの苦労が待っています。

ですが、
ぎっくり腰になる時は成りますので、

何か前触れとか予防出来る事とかが
無いのか私が普段からお世話になっている
鍼灸整骨院の先生に聞いてみました。

スポンサードリンク

腰に突然くるぎっくり腰に前兆や予兆はあるのか?

先ず、
初めてぎっくり腰を経験する方はまず分からないと言う事でした。

まぁ、当然といえば当然ですね。

経験が無いんですから後で
「あぁ、あれがギックリ腰というものか」
と言う事になるんですので。

では、
私のように経験者は分かるかと言いますと、

実はまず分からないでしょうと言う事でした。

何故ならば痛みや疲れを感じていない時でも
ぎっくり腰はいきなり起きる事も多いんですから
前兆として捉えることはまず無理です。

最も腰が何となくだるい感じがするとか、
少し重い感じがするとか、
何となく嫌な感じがする、

などと経験者の第6感的な感覚で
腰の違和感が消えるまでの間に注意する事は出来ますが
これは前兆には入らないと思います。

何故ならばそのような時に
私の経験からギックリ腰が起きたことは無いからです。

個人差があるでしょうが
私の場合には全く油断している時、

ギックリ腰のギの字も
考えていない、思っていない、
時に起こるからです。

ストレッチなどを毎日行なって

「使った筋肉を元の位置(状態)に戻しておく事で
 予防の気休めぐらい(;_;)にはなるでしょう」

とは言われましたが、
前兆や予兆みたいな事を感じることは

初めての方では絶対に、
経験者でもほとんどの方がまず無理でしょうと言う事です。

腰に急激に起きるぎっくり腰とはどんな症状か?

ギックリ腰は
数万本もあるとされる筋肉の1部分の

損傷や断裂で起きる場合や、
骨盤や骨が歪んでしまう事により起きてしまいますので、

なった時には概ね
瞬間的な痛みが腰の周りを襲います。

激痛といっても良い痛みで
ひどい場合にはその場で全く動けなく場合もあります。

スポンサードリンク

殆どの場合はその場でしばらく
痛みに耐えてからのろのろとようやく

少し動ける様になります、
はたから見ていると何とも可笑しい動きですが(失礼)

本人の腰はこの時には
大変な状態になっていますので取り敢えず
病院へ行くか自宅で安静にするかと言う事になります。

特に骨や骨盤の歪みによるぎっくり腰の場合には
その場で動けなくなって救急車のお世話になる事もあります。

腰がぎっくり腰に成った時の対処方法は?

応急処置としては
痛む箇所の筋肉の補強をします。

どうすれば良いのかと言いますと、
至って簡単です紐や帯を患部にグルグルと巻きつけて

くくり付けてしまうだけで
応急の治療法となりますので

それからタクシーなどで
病院や接骨院などに向かいましょう。

やむを得ず自分で運転して行く時には
この応急処置だけはして行きましょう。

運転中の急な回避措置の時などの
とっさの時の運動で更なる筋肉の損傷を
防ぐためにはとても効果的ですから。

コルセットがあれば是非使って下さい。
また、サラシなどの出来るだけ幅のある物での
患部の固定が望ましいそうです。

応急処置をしてからの治療方法は
大きく分けて2種類ですね。

病院か接骨院ですが、病院ならば整形外科へ
接骨院の時は出来るならば鍼灸接骨院へ行きましょう。

と言うのはあくまで個人差もありますが
ハリ治療がギックリ腰の治療にとても効果があるからです。(私の場合)

後は、自宅でただ安静にして
痛みが消えるのを待つと言う方法もありますが

早期の治療や後々の事を考えても
やはり整形外科か接骨院での治療をおすすめします。

まとめ

鍼灸接骨院の先生に聞いた話ですので何となく
「なんだ~鍼灸接骨院押しかい・・」
と思われるかも知れませんが、

ギックリ腰でも、筋肉の一部の損傷や断裂の場合は
傷んだ筋肉を補強してから損傷部の快癒を待つ方法で良いんですが、

骨盤や骨の歪みの場合には
整体でその歪みを元に戻さないと
いつまでも痛みが消えないと言う事です。

はり治療で先ず痛みを和らげてから
整体で元の戻して痛みを解消する施術がお勧めの治療方法と言う事でした。

ですが、その整体も針治療も経験豊富な
いわゆる腕の良い先生ではないと効果が余り望めないと言う事です。

昔は腕の良い先生が沢山いたんですが
最近は少ないみたいですので、

先ずは経験豊富な信頼のおける先生がいる
病院なり鍼灸接骨院なりをぎっくり腰になる前から探しておきましょう。

ギックリ腰の予防はほぼ不可能ですので
いつ起きるか分からない怪我と思って、

ケガ(ぎっくり腰)をした時には最適な治療を施して治るのを待つ。
と言う対処法で行きましょう。

ですから、まだ経験した事が無い方でも
いざ、ギックリ腰になってから慌てないように

いつかは起きるものと考えて治療する病院や接骨院を決めておきませんか。

スポンサードリンク

おすすめ記事

関連記事

梅雨時期の洗濯物を早く乾かす方法は?部屋干しするなら何処?
寝室の窓の結露で掃除が大変!除湿機で防止?アパートならどうする?
鍼治療の上手い下手の見分け方は?痛みは?評判を信じて良いか?
梅雨を除湿機で効果的に乗り切る?使い方と、気になる電気代は?
ぎっくり腰に針治療は悪化するって本当?保険は使える?整体は必要?
ぎっくり腰の原因を予防する事は出来るか?起きた時の治療方法は?
足首の捻挫で内出血する訳とは?治し方を間違うと?湿布は必要?
ぎっくり腰の治療で病院に行くなら何科が良い?即効性を求めるなら?
針治療でぎっくり腰は完治するのか?打つなら頻度は?保険は使える?
ぎっくり腰なら病院は何科へ?処置は痛い?行かない方が良い?
窓の結露防止のヒーローは?お勧めの対策は?洗剤は本当に効く?
洗濯物を部屋干しする時の注意点は?場所は何処に?除湿機は必要か?
鍼治療しても効果なしその訳は?回数は関係ある?翌日から効く?
足首捻挫の内出血の治療法は?腫れや内出血なしは良いのか?
足首の捻挫の腫れはどうする?固定方法は?治療はどこでする?

Menu

HOME

TOP