浴衣のマナー食事で気を付ける事は?外出と、着付け時のタブーとは?

お祭りや花火大会の楽しいイベントに
友人や彼氏とお出かけする時の服装は
皆さん何を着て行かれますか?

洋服でしょうかそれとも和服・・・?

和服ならば着物では無くて
季節柄涼しい雰囲気を醸し出してくれる浴衣ですよね~。

ですが、
何時も着ていますといった方は着慣れていますので

浴衣を着ている時のマナーもよくご存知でしょうが、
浴衣を初めて着てみました、とか言う

浴衣の初心者の方は
浴衣を着ている時のタブーと言いますか

マナーと言った知らないと恥ずかしい事や
気を付けたいことをまとめてみました。

よろしければ参考にして下さい。

スポンサードリンク

浴衣のマナーで食事時の注意事項は?

椅子に座る時には
深く腰を掛けると帯を押し付けてしまい

形が乱れますので浅めに腰掛けて
帯を椅子の背もたれに当てないようにして座ります。

ナプキンなどは膝の上に広げましょう。
浴衣を汚したくなくて首からナプキンを掛けるのは止めておきます。

動きにくいしオシャレではありませんので、
どうしても気になる方は帯に軽く挟み込む感じで掛けて下さい。

食べる物も汁が跳ねやすい、跳ねる物は、
今回だけは止めておいた方が無難ですね。

お箸を使って食べる時には
口に入れる量は少なめにして、

口元まで器を持って行くと
胸元を汚すことは少ないでしょう。

また、フォークやナイフで食べる時でも
一度に口に入れる量を少なめにして
浴衣にこぼしたりして汚さないようにしましょう。

夜店の屋台の食べ物は
お祭りや花火大会などの楽しみの1つではありますが

歩きながら食べるという無謀なことは
止めて出来るだけ座って食べるようにして
浴衣を汚さないようにして下さい。

ウエットティッシュなどを持っていれば
汚れた手を綺麗に出来ますので忘れずに持参しましょう。

もし、食べ過ぎや人混みなどで
胸が苦しいや気分が悪くなった時には

帯と体の間に親指を入れて
帯を緩めるために左右に動かして下さい。

また、帯を少し下の方に下げると
楽になりますので緊急時の裏技として覚えておいて下さいね。。

スポンサードリンク

浴衣で外出する時の気を付けたいマナーとは?

ピアスや小さめのイヤリングはOKですが、

浴衣の清涼感を妨げないように
派手なアクセサリーはやめて下さい。

腕時計も控えめな物が望ましいですね。

慣れるまでは少し難しいかも知れませんが
下駄で歩く時にはちょんちょんと
つま先から地面に付けて歩きましょう。

また、鼻緒も指の付け根までは入れずに
突っかけるように親指と人差指の間に挟んで履いて下さい。

歩く時は足を肩幅位に開いて
膝を曲げてガニ股にして裾周りにゆとりを持たせると
歩きやすくなります。

小股で歩くことも忘れないで下さい。

大股で歩くのは美しくないのでNGですよ。

手を伸ばす時は
袖口やたもとを軽く押さえて下さい。

エレガントなしぐさが上品な感じをもたらします。

また、手を上げる時には袖口を
反対の手で引くように摘んで二の腕を見せないようにして下さい。

トイレの時は
浴衣の上前と下前のつま先辺りを持って
膝の上までまくります。

皺にならない様に気を付けて
両脇いっぱいまで捲り上げて
両方のつま先は帯に挟んで置きます。

裾を下ろす時には
先に下前を下ろして整えてから上前を下ろします。

後ろのおはしょりがまくれ上がってないかの
チェックも忘れない様にして下さいね。

浴衣の着付け時に注意したいマナー違反は?

和服を着る時には
右前に着ると言われています。

右手に持っている浴衣を身体に先に合わせてから
その上に左手で持っている浴衣をかぶせます。

帯を締めて浴衣を着ることが出来た時に
右手がスッと懐に入れば
着付け用語の正式な右前で浴衣を着ることが出来ています。

この逆で左前に着せるのは
死体に着せる時の着せ方なので

縁起などが悪いと言われてNG、タブーと
されていますので

先ず間違うことは
無いでしょうが気を付けておいて下さいね。

まとめ

洋服と違って
浴衣の着こなし方にはちょっとした注意が
アレコレと必要ですね。

面倒くさいなどと思わずに覚えて下さいよ~。

ちょっとした気配りで
美しい浴衣姿を見せる事が出来ますので

歩く時には注意して
特に足元には集中して小股で美しく歩いて下さいね。

スポンサードリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP