お中元をする時期はいつまでですか?贈ってはいけないものとは?

また今年もやって来ましたね・・・。

えっ、何がですって・・・?

それは勿論お中元のシーズンです。

毎年の事ですが
何を贈れば良いのか悩んでしまいますね。

また、お中元として贈る事が出来るのは
何日から何日までと決まっているのはご存知でしょうか?

そうです暮れに贈るのはお歳暮で
夏に贈るのは御中元と決まっていると思っていたんですが

お中元として贈る事が出来るのにも期日が決まっているそうです。

では、その期日とは何時から何時迄なんでしょうか?

また、お中元で贈らないように
気を付けたいタブーの品物も調べてみました・・・。

よろしかったら参考にして下さい。

スポンサードリンク

お中元として贈る時期はいつからいつまで?

貴方がお住まいの地域は関東地方でしょうか?
それとも関西地方でしょうか?

実は御中元として贈ることが出来る期日には
関東と関西で違いがあるんです。

関東圏でお中元として贈るのは
7月の初めから7月の15日までの間なんですが、

関西圏では7月の中旬から8月の15日迄に
着くように贈るのを御中元と呼びます。

ではそれぞれの日にちを過ぎてしまえば
送れないのかと言いますとそうでも無いんです。

お中元などに貼っている
熨斗などの表書きを変えて書いて贈ります。

これも関東と関西で違いがありますので気を付けて下さい。

関東地域では7月の15日以降から8月7日頃の立秋迄に
贈る時にはのしの表書きを暑中御見舞として送り、

もっと先の立秋から9月上旬頃に贈る物の
お熨斗には残暑御見舞と書いて贈ります。

という訳で関東の方では
7月上旬から9月の中旬頃まではお中元を贈ることが出来ます。

では、もう1つの地域の関西ではと言いますと
関東と違いシンプルに8月15日以降に贈る時の

熨斗紙には残暑御見舞と書いて贈ります。
最もこの関東と関西の時期以外にも

スポンサードリンク

お住まいの地区によっても日にちが違うことも有りますので
そのような時にはお住まいの地区の習慣を優先させた方が良いでしょう。

お中元で贈ってはいけないものはどれ?

お中元を贈る時には
相手様が喜んでくれそうな品物を探して贈るんですが、

商品の中には贈ってはいけない、
止めておいた方が良いタブーと言われる商品があります。

大体の品物が験を担いだものから
縁起で除かれた物となっている見たいです。

では、見てみましょう。

・お茶や海苔
 お葬式の香典返しを連想させるので避けて下さい。

・時計や筆記用具
 勤勉奨励の意味が有ると言われていますので
 目上の方に贈るのは止めておきましょう。

・包丁やハサミ等
 刃物類は縁を切るなどと思われますのでタブーです。

・靴下や靴やスリッパなどの履物類
 履物類は相手を踏みつけるや見下すと言う意味を
 持つそうですので目上の方には贈らない方が良いですね。

・下着やシャツ
 恵むとか着るものに困っているなどと
 考えられますので年上の方への贈り物としては要注意です。

・ハンカチ
 日本語で手巾(てきれ)イコール手切れに通じていますので
 サヨナラと取られてしまう恐れがあります。

・現金や商品券
 お金は惠を連想させますので
 特に目上の方への贈り物としては失礼となります。

・語呂合わせで4と9に関係する品物
 日本では昔から4は死を9は苦を連想させますので(例えば櫛などは苦死と)
 迷信だとか思われるかもしれませんが止めておいた方が無難です。
 
以上が止めておいた方が無難な品物です。

まとめ

贈る時期に寄って
お中元、暑中御見舞、残暑御見舞、
と名前を変えて送ります。

関東と関西で日にちが違うのは
基準点が新暦か旧暦かと言う事で違っているそうです。

目上の方へ贈る場合で暑中御見舞や残暑御見舞で贈られる時には
暑中御伺いか残暑御伺いに熨斗の表書きを代えた方がより丁寧です。

スポンサードリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP