甥の披露宴ご祝儀の相場は?欠席や披露宴なしの時はどうする?

甥っ子の結婚式が
近づいて来ました。

色々と来て行く服とかの
準備も有るんですが

それよりも一番大事な結婚祝い、
いわゆるご祝儀のお包みを

幾らにすれば良いのか
お悩みの貴方様、

甥御さんに
いくら張り込むのか

もう決まりましたか?

もしも
まだ決まっていない、

もしくは相場の金額が
分からない方は

一般的な相場の金額になりますが
宜しければ御覧下さい。

スポンサードリンク

甥の披露宴ご祝儀はいくら必要?

もちろんご家庭の
経済状況にも寄るとは思いますが

やはり恥ずかしくない
金額をお包みするのが

宜しいと思われます。

恥ずかしくない金額とは
一般的な相場の金額となりますね。

ただ地方や地域によっても
金額は変わってきますので

あくまで一般的な金額と思って下さい。

披露宴に出席する時の
ご祝儀のお包みの金額は

相場としては

5万円から10万円が一般的とされています。

もう少し詳しく分けますと
貴方様が独身か結婚しているか

でも違ってきますので
以下に書いて行きますね。

まずは独身の方の場合ですが
お包みする金額は年齢で変わってきます。

年齢が

30代の方は5万円、
40代ならば10万円が相場となります。

次は結婚している方の場合ですが
出席するのが

夫の時には5万円で
妻の時には3万円が一般的です。

夫婦お二人で出席する時には
1人で出席する時の2倍の金額が

一般的と言われていますので

区切りの良い

10万円から20万円になりますが
10万円のお包みが多いですね。

もし10万円以下の時でも

4万円と9万円は
「死」や「苦」につながると

言われていますのでタブーです。

また6万円も
割り切れる数字ですので止めておきましょう。

ですから10万円以下の時には

5万円か7万円か
末広がりの8万円を

包むようにした方が無難です。

各ご家庭の経済状態にもよりますが
1人での出席でも

関東地方では5万円が多く
関西地方では10万円が多いそうです。

これからのお付き合いもありますので
出来るだけ相場の金額を

お包み出来る様に頑張って下さい。

お札はもちろん新札を用意して下さいね。

甥の披露宴を欠席する時はどうする?

タイミングが悪くて用事が重なったり
都合が悪くてなどで

披露宴に出席出来ない時の
お祝いですが

一般的なお包みの金額は
出席の予定をしていた時の金額の

半分から三分の一位です。

但し自分の結婚式で
頂いて入れば

頂いた金額をお包みして
お返しするのが良いでしょう。

また一般的な相場の

5万円や10万円を

お包みしても
何ら問題はありませんので

スポンサードリンク

出来る範囲で包んで上げましょう。

ご祝儀は結婚式の前に
当人に手渡して上げましょう。

出来ない時には
現金書留にして郵送しても

構いませんが
式の一週間前には

届くように送って上げて下さい。

事前に欠席が分かっている時には
以上の応対で良いのですが、

急に欠席する
いわゆるドタキャンになった時には

出席した時と
同じ金額を渡して下さい。

披露宴の前に
送ることが出来るのならば

お祝いとお詫びの手紙を添えて、

また間に合わない時でも
出来るだけ早く送る様にしましょう。

出席出来なくても
祝電を送るなどして

お祝いの気持ちを伝える事が
出来ますので是非送って上げて下さい。

甥の結婚式、披露宴なしでも結婚祝いは贈る?

最近は結婚式だけで
披露宴はしないという方が

結構増えて来ていますが、

その様な時のお祝儀は
どうすれば良いのでしょうか?

ご祝儀辞退と言う
お知らせがあった場合には

その申し出に従うのが
マナーだとされていますが

別にお祝いをしては
イケないと言う訳ではありませんので

可愛い甥っ子に結婚祝いを送るのは
何ら問題はありません。

お包みの場合の金額ですが
親族の場合には

披露宴をする、しないに関わらず

ご祝儀の金額は
変えないのが一般的です。

ただ少なくても良いと言う
お話しもありますので

各ご家庭の経済状況で
お決めになっても宜しいかと

思いますが
余りにも少ない金額は

止めておいた方が無難だと思います。

まとめ

  • 独身で30代のお包みの金額は5万円が相場です。
  • 独身で40代のお包みの金額は10万円が相場です。
  • 夫婦で出席なら10万円から20万円位で10万円が多いです。
  • 夫だけの場合には5万円が一般的です。
  • 妻だけの場合には3万円が一般的です。
  • 欠席する時には予定の金額の半分から三分の一。
  • ドタキャンの場合には出席した時と同じ金額を包む。
  • 披露宴なしでも親族の場合には相場の金額を包む。
ご祝儀の金額は
あくまで一般的な金額ですので

お住まいの地方や地域の
一般的な金額でもOKです。

親族の披露宴ともなりますと
どうしてもお祝儀の中身が

高額になりますので
いざという時に慌てない様に

少しずつ貯めて置きましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP