姪の結婚祝の相場はいくら?式なしのときは?いつ渡すと良い?

時の立つのは早いもので
まだまだ子供だと思っていた

姪っ子の結婚式と披露宴に
呼ばれてしまいました。

えっ、
もう結婚するような

年になったのか・・・と、

姪っ子の父親でもないのに
感慨深く思う所が少しありまして、

それではお祝儀を
張り込まなくてはいけないなと

考えつつ
最近の甥・姪の婚礼の時の

お包みの相場を調べてみました。

スポンサードリンク

姪の結婚祝の相場の金額はいくら?

仲の良かった
姪御さんなどでしたら

張り込みたい気持ちも
分かりますが

余りに高額なお包みや
お祝いをご祝儀とするのも

考えものだと思います。

向こう様も
貴方のお子様の

婚礼祝いの時には
同額程度をご祝儀袋に

入れなくては
行けない訳ですから・・・。

という事で
一般的な姪っ子や甥っ子の

結婚祝いの
気になる金額を見てみましょう。

まず、貴方様が
独身か既婚者かで

お包みの値段が変わってきます。

独身と結婚している者で
何故お金の額が変わるのかと言う事は

取り敢えず置いて下さい。

一般的には
それで変わっているので

覚えておいて下さいね。

さらに年代でも
変わってきていますので

ややこしいですね・・・。

とは言え
覚えるのも簡単です。

というのも単純に
5万円と10万円と

覚えれば良いからです。

つまり独身で

  • 30代までの方は50.000円で
  • 40代以上の方でしたら100.000円が
ご祝儀袋に入れる
中身の一般的な金額です。

次に世帯をお持ちの方の金額ですが
結婚式や披露宴に出席する方が

  • 夫だけの時は5万円で
  • 妻だけの場合は3万円で
  • ご夫婦での出席の時には10万円を
包むのが一般的です。

ちなみに

関東地方は5万円が多く、
関西地方は10万円が多いと

言われていますが
関西圏の方々は太っ腹の方が多いみたいですね。

スポンサードリンク

姪の結婚祝いの相場で式なしの場合は?

最近の若い方に見られる
傾向とも言えますが

親しい人だけとか
友人だけとかで

簡単に済ましてしまう
ケースがありますね。

これから先も
増えていくのかも知れませんが

姪御さんが
披露宴や結婚式を

やらないからといっても
知ってしまった以上は

何もしないという訳には
イケないとなりますよね。

特に親族からのお祝いは
結婚式への参加費ではなくて

新しい生活への
エールとも言うべき

お祝いですので

普通に
お包みしようとしていた金額で

お祝いしてあげましょう。

もちろん
ご家庭の経済的な問題も

あると思いますので
出来る範囲でも宜しいかと思います。

尚、まとめに書きますが
タブーと言われている金額を

包むのは止めておきましょうね。

姪の結婚祝はいつ渡すのが礼儀ですか?

一般の方は
当日の受付が多いと思われますが

親族の場合には少し違います。

若い方には迷信かもと
思われるかも知れませんが

やはり良き日を選んで
遅くても一週間以上は

結婚式の手前に
直接持っていくか送りましょう。

またご祝儀に
5万円以上を入れる時には

ご祝儀袋(熨斗袋)も
千円以上のものを使うのが一般的です。


※一般的に良い日と言われているのは大安で次に友引、先勝と言われています。
※時間では午前中が良いと言われています。

まとめ

一般的に5万円から10万円の
間の金額をお祝儀としています。

もちろん各家庭の
経済状況もあるとは思いますが

伯父(叔父)や伯母(叔母)の
立場もありますので

余りにも相場より少ない金額は
避けた方が無難だと思います。

もちろん余裕のある方は
張り込んで上げて下さい。

お包みする時の金額には
タブーとされる金額がありますが

それは「死」と「苦」に
つながるといわれている

4万円と9万円です。

ですからこの金額は避けて下さいね。

10万以下のお包みの場合には以下の通りです。

OKな金額

  • 1万円と2万円と3万円と5万円と7万円と8万円と10万円
NGな金額

  • 4万円と6万円と9万円
お札は新札を入れましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP