ぎっくり腰なら病院は何科へ?処置は痛い?行かない方が良い?

何気なく屈んだ時とか、
何気なく体を捻った時などに

腰のあたりにぎくっと
痛みを感じた事が皆さんはありませんか?

あっ、ヤバイと思っても
既に手遅れの状態になっていまして

段々と若しくは急激に
腰のあたりに痛みを感じて

酷い時にはその場でしばらく
動けない事になってしまいます。

そうです俗に言う「ぎっくり腰」を
起こしてしまっているんです。

数日間は痛みで寝返りをするのも
辛い身体になってしまいますね。

正式名は「急性腰痛症」と言うそうなんですが
私も過去に何回か経験した事がありまして

その時にお世話になる
鍼灸整骨院さんの先生に

ぎっくり腰になった時に行く病院は
どこが良いのかなどを聞いてみました。

スポンサードリンク

ぎっくり腰の時に行く病院は何科が良い?

ぎっくり腰で病院に行くのならば
整形外科が良いそうです。

専ら痛み止め系の薬での処置で
治療をしてくれますが

先生の経験値が高くないと
病院では中々治りにくいと言う事でした。

というのもぎっくり腰は
骨盤や骨の歪みが原因で起きたり

何万本もあるといわれる
筋肉の一部が断裂して起きたりします。

ですからただ痛みを
ひかすだけの処置では

根本的な治療方とは言えないとのことでした。

ではどういった治療方法で
処置すれば良いのかと聞いた所では

筋肉の損傷で起きたぎっくり腰では
その傷んでいる筋肉を補強して治し、

骨や骨盤の歪みなどで起きたぎっくり腰には
整体という処置を施して治療にあたるとの事です。

ですから病院ならば整形外科が良いんですが

正確にいえば整体ができる先生を抱えている
整形外科に行くのがベストとの事でした。

ですが中々そういった整形外科は少ないそうです。

じゃあ駄目じゃんと突っ込みました所、

そのために自分達が
接骨院があると

ややドヤ顔で教えて下さいました。

ただし接骨院でも
整体が出来る先生と出来ない先生がいるそうで、

それプラス経験の豊富な腕の良い先生に
施術して貰うのが1番治りが早いとの事です。

ですから整体の出来る先生のいる整形外科か
接骨院(どちらも出来れば腕の良い先生で。)での

処置が早期回復への近道みたいですね。

ぎっくり腰の時の病院での処置は痛いですか?

整形外科での治療は
薬や注射による治療や処置が

殆どですので
痛いといえば注射を射たれる時ぐらいですが、

接骨院や
整体が出来る先生のいる整形外科での

治療や処置になりますと
殆どの場合でかなりの痛みを伴います。

スポンサードリンク

というのも整体処置が
何故必要かといいますと、

怪我をした箇所に
軟部組織などが間に入り込む事があります。

この軟部組織などが入ると
治癒率が悪くなるそうなんです。

ですから軟部組織を
失くさなければいけないのですが

そのためには
ケガをした状況を再現してから

軟部組織を排除して
また元に戻す処置が必要となります。

整形外科なら
局部の麻酔などが出来るかもしれませんが

接骨院では
麻酔も痺れ薬も使えませんので、

もう一度怪我をした時の
痛みを味わうことになります。

ですがこの処置をする事で
後遺症などは少なくなりますし

患部を元の位置に
戻すことが可能なんです。

ぎっくり腰の場合には
筋肉の損傷と骨や骨盤の歪みでは

処置が違ってきますので
痛みの度合いも違ってきますが、

私の経験上では
かなりの痛みを感じています。

ですが痛くても
俗に言う後遺症が季節の変わり目や

冬場に出にくくなりますので
先の事を考えて接骨院の先生の

お世話になっている次第です。

ぎっくり腰の時は病院に行かない方が良い?

極論で言えば
整体が出来る先生がいない病院ならば

ぎっくり腰に効果的な
治療にはならないですから、

行っても行かなくても
痛みが消えるのを

湿布薬や痛み止め等の薬などで
待つだけになると仰っていました。

ですが経験豊富な
整体が出来る先生のいる

整形外科や接骨院を
知っているならば

是非にも行って
処置をしてもらって下さいとの事でした。

早期回復が見込めますし
何より後遺症が残る可能性がグンと減るからです。

鍼灸の出来る先生(こちらも経験豊富な)
のいる整形外科や接骨院ならば

鍼治療も併用できて
尚よろしいそうです。

まとめ

病院へ行くならば
整形外科が良いですが

整体が出来る先生が
いなければ治りにくいでしょう。

接骨院ならば
整体が出来る先生が多いですが

経験の豊富な
俗に言う腕の良い先生に

処置をしてもらいましょう。

接骨院での治療は
痛みを伴う事が多いですが

後遺症など後々の事を考えて
我慢、我慢で頑張りましょう。

昨今では接骨院の数も
随分と少なくなりました。

その中で腕の良い先生に
出会えるのは中々難しいと思われますが

普段から気にかけて
探しておくことをお勧めします。

何故ならば
ぎっくり腰に限らず

捻挫や骨折などの治療でも
経験の豊富な先生の処置は

病院の治療とは
一味違った方法が多いからです。

整形外科と接骨院、

その時のケガの状態で
上手に使い分けていきましょう。

スポンサードリンク

おすすめ記事

関連記事

梅雨を除湿機で効果的に乗り切る?使い方と、気になる電気代は?
足首捻挫の応急処置でのタブーとは?病院は何科?治療期間は?
腰に起きるぎっくり腰は前兆があるのか?症状と、対処方は?
梅雨の間の洗濯物の乾かし方はどうする?エアコン、除湿機それとも?
足首の捻挫の腫れはどうする?固定方法は?治療はどこでする?
足首捻挫の治療はどうする?腫れない時は?アイシングの期間は?
除湿機で洗濯物は乾燥する事が出来る?干す場所は?扇風機は必要?
寝室の窓の結露で掃除が大変!除湿機で防止?アパートならどうする?
鍼治療しても効果なしその訳は?回数は関係ある?翌日から効く?
ぎっくり腰の原因を予防する事は出来るか?起きた時の治療方法は?
針治療でぎっくり腰は完治するのか?打つなら頻度は?保険は使える?
足首捻挫の内出血の治療法は?腫れや内出血なしは良いのか?
ぎっくり腰に針治療は悪化するって本当?保険は使える?整体は必要?
足首の捻挫で内出血する訳とは?治し方を間違うと?湿布は必要?
窓の結露防止のヒーローは?お勧めの対策は?洗剤は本当に効く?

Menu

HOME

TOP