パソコン自作予算はいくら?自作は必要か?インストール手順は?

皆さんはパソコンの自作に
興味がありませんか?

少しでもある方ならば
思い切って1台目の

自作パソコンを組んでみませんか。

確かに最初はプラモデルの様に
簡単にとは行きませんが、
(プラモも塗装などに凝りだすと簡単ではありませんが・・・。)

基本は各種類のパーツを
組み合わせてケースにビス止めをして

ケーブル類を繋ぐだけなので
配線ミスや各種パーツの相性などに

問題がなければ
結構簡単に出来上がります。

初めてパソコンを自作してみようと
思っている方にとって

少しでも参考になればと思い
予算や自作の必要性を

考えてみましたので
宜しければ見て下さいね。

スポンサードリンク

パソコンの自作に掛ける予算はいくら?

初めてパソコンを組む方ならば
パソコン本体で10万円以内で

収めると良いと思います。

もちろんもっと安く
仕上げる事も可能ですが

慣れて来た頃に色々と
増設したりしたい時に困らないように

ケースやマザーボードなどは
MicroATX用ではなく

標準ともいえる
ATX用にしておいた方が無難です。

逆にもっと高く仕上げる事も可能ですが
初心者の方には余りお勧めしません。

何故ならばパソコンのパーツには
それぞれ当たり前ですが寿命や故障があります。

ですからそろそろ2台目の
パソコンが欲しいなと思う頃には

貴方様のパソコンのスキルも
上がっていますので

次に組む時には
CPUやマザーボードなどに対する

要求が自ずと分かってきます。

その時に初めて必要ならば
高価なパーツにすれば良いですので

最初はそこそこのパーツで良いと思います。

ですから私が組む時には
CPUやグラフィックボード(GPU)などは

特に必要がない時には
予算内の金額のパーツで組んでいます。
(例えばCPUはi7ではなくi5とかGPUはオンボードとか)

ゲームを主流で遊びたい方ならば
CPUとメモリとグラフィックボード

などには張り込みたい所ですね。

ともあれパソコンに詳しい
友達や家族が入れば問題はありませんが、

自分ひとりで初めての自作の時には
気に入ったパソコンショップで

パーツ一式を揃える事をお勧めします。
(分からない事や質問に丁寧に答えてくれるお店でも良いでしょう。)

パーツ一式を購入していると
相性などで問題があった時でも

交換などの無理が効くからです。
(私の行き付けのパソコンショップは効きます。)

ネットなどで調べて行っても
行きつけのお店にその商品が無い事なんて

ザラにありますので
参考程度に調べておいて

予算内でショップに
ある商品で基本は揃えています。

どうしてもこだわりたい
パーツの時には値段を聞いてから

取り寄せてもらったりもしますが
ゲーマーではないので

そこそこのパーツで(予算内で)十分です。

尚、絶対に必要なパーツと
私が購入の目安としている値段を

書き出して置きますね。

マザーボード    ¥15000前後
CPU        ¥20000以内
グラフィックボード ¥10000以内か無し
メモリ       ¥20000以内
SSD        ¥10000前後
HDD        ¥10000以内
電源        ¥10000以内
ケース       ¥10000以内

これで合計金額が¥105000と
少し足が出ていますが

HDDは使い回しで
グラフィックボードは

ゲームは余りしないので
使える内は使い回すか

オンボードで済ましていますので
滅多に予算を超える事はありませんね。

3Dゲームをバリバリにする方は
後30000円から50000円ほど

予算をみておけば
良いんではないでしょうか。

パソコンの自作は今も必要か?

私が自作のパソコンに
興味を持った頃はメーカー品よりも

スポンサードリンク

安い予算で
上手くするとメーカー品よりも

性能が良いマシンを
組む事が出来ましたので

自作が出来るように
なりたいなと思って

友人達に色々と教えて貰いながら
何とか自分で組める様になりました。

最近のメーカー品のパソコンは
かなり安い値段で売られていますので

周りにパソコンに詳しい
友人や家族がいなければ

初めて買う時には
メーカー品のパソコンを

購入する方が多いと思われます。

ですが自分で組める様になると
パソコンの色々なトラブルにも

自分で対処出来るようになり
経験値を高めて行くことが出来ます。

そうなるとパソコンを
つつくことが楽しくなり

もう初心者ではないなと
自己満足に浸ることも出来ます。

ですから自作のマシンが
必要かと言われますと

自作をしたい人は組めば良いし、

面倒くさいとか
全く分からないからとか
自身がないとか・・・な方は

出来上がっているパソコンを
購入すれば良いんではないでしょうか、

という事になると思います。

ただ一つ言える事は
パソコンに詳しくなりたい、

自分でトラブルに
対処出来るようになりたいなと

お考えでしたら自分で組む
自作のパソコンをお勧めいたします。

パソコンを自作する時のインストール手順は?

個人差があるとは思いますが
自分が普段やっている手順を書いておきます。

パソコンケースに
電源とマザーボード
CPU(クーラーを含む)
メモリとSSDかハードディスクのどちらか
グラフィックボードがあれば
グラフィックボード

の最小の構成で組んでから
OSをインストールします。

一番最初に電源スイッチを入れて
Deleteキーを連打して

マザーボードの
BIOSを立ち上げます。
(BIOSの設定をする画面を出す事です)

起動ドライブを
BDドライブやDVDドライブに設定します。

もしもOSや各マザーボードの
独自な設定とかがあれば

この時に一緒にしておくと良いですね。
(購入する時にショップの人に聞いておけばベターです)

後はOSを画面に従って
入力する所は入力すれば

はっきり言って放っておけば
インストールは終わります。

OSのインストールが終われば
次はマザーボードのドライバー類を

マザーボードに入っている
ディスクからインストールします。

モニターのドライバーが
必要ならインストールします。

これで基本の
インストールは終了となります。

その後は必要なパーツを
一つ一つ認識させながら

完成させて
自分が必要な各種類の

アプリケーションを
インストールすれば

出来上がりとなります。

まとめ

・初心者の方が自作パソコンに
 掛ける予算は10万円以内が良いです。

・ケースやマザーボードなどは
 標準規格のATXで組みましょう。

・最近は自作しても
 予算的な部分では余り安く

 感じない事もありますが
 パソコンに関するスキルを

 上げるのには自作するのが
 一番早いと思います。

・OSなどのインストールは
 トラブルがなければ簡単ですが

 トラブルが起こった時には
 泣きそうになります。

はっきり言って
トラブルさえなければ

割と簡単に自作のマシンは
出来ますと言えますが

途中でトラブルが起こってしまうと
正直組まなきゃ良かったと

思った事も何回かはありますね。

ですが10万円も
掛けているのだから

何としても組まなくては、
完成させなければと思い頑張ります。

すんなりと出来上がった時には
余り感じませんが

トラブルを解消して
完成させた時の充実感と達成感は

自作をする方ではないと
分からないと思われます。

みなさんも1台は
自作のパソコンに挑戦してみて下さい。

トラブった時には
正直泣きそうになりますが

それを乗り切った時に感じる
自分のスキルが上がった満足感を

是非経験してみませんか
とっても楽しいですよ。

スポンサードリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP