カーネーションの花言葉は色別でも違う?花束にお勧めの本数は?

カーネーションを
プレゼントするのはやはり母の日に
実のお母さんや義理のお母さんに贈る時でしょうか。

毎年5月の第2日曜日が
母の日と定められていますが、

その母の日の贈り物のカーネーションは
何色のカーネーションを贈っていますか。

と言うのも、
カーネーション自体の花言葉も然ることながら
お花の色によっても花言葉が違っているんですね。

貴方は知っていましたか?

勿論良い花言葉と余り良くない花言葉が存在します。

お母様方に今までにプレゼントした事がある
カーネーションの色を覚えていますか、

知らなかったとはいえ
余り良くない花言葉のカーネーションを
今まで贈っていたなんて事になっていませんか。

スポンサーリンク

カーネーションの花言葉は色別でも違いますか?

はい、違います。

カーネーション自体の花言葉としては
無垢で深い愛・女性の愛・感覚・感動・純粋な愛情

などの意味があるんですが、
それぞれの色合いのカーネーションにも意味が含まれています。

それでは、
それぞれの色のカーネーションの花言葉をみてみましょう。

先ずは、
良い意味合いの色のカーネーションから行ってみましょう。

赤のカーネーション:母への愛・母の愛・真実の愛など。
オレンジのカーネーション:情熱・熱愛・美しいしぐさ・清らかな慕情など。
ピンクのカーネーション:感謝・上品・気品・暖かい心・美しい仕草など。
紫のカーネーション:気品・誇りなど。
青のカーネーション:永遠の幸福など。
黄緑色のカーネーション:熱愛・純粋な愛情・癒し・感動など。

以上の色のカーネーションは良い意味合いの花言葉を
含んでいますのでプレゼントには持って来いですね。

では次に、
余り良くない花言葉を含んでいるカーネーションを見ていきましょう。

白のカーネーション:亡き母を偲ぶ・私の愛情は生きている・愛の拒絶など。
黄色のカーネーション:軽蔑・嫉妬など。
濃い赤のカーネーション:欲望・私の心に哀しみをなど。
絞り(まだら模様のもの)カーネーション:愛の拒絶

スポンサーリンク

白色のカーネーションの花言葉には
良い花言葉も含まれていますが

やはりお母さんが亡くなっている方の花
と言うイメージが強すぎますのでプレゼントとしては控えたいですね。

白色のカーネーションを使う時には
亡くなっているお母さんに飾る時だけにしておきましょう。

色のバリエーションが豊富なカーネーションだからこそとも言えますが、
花言葉には気を付けて贈る相手を間違わないで下さいね。

カーネーションの花言葉と花束におすすめの本数は?

花束にする時のタブーや
花束の本数と花言葉の関係はありません、

また、お勧めの本数という物も特には決まっていません。

ですからお好きな本数で
花束を作って貰っても何ら問題はありませんので、
プレゼントの予算内で花束を作って貰いましょう。

ただ、
カーネーション専用ではないんですが

ヨーロッパでは花束の本数に
言葉を、意味を持たせています。

1本から12本まで有りまして次のような意味を持ちます。

01本は感謝
02本は誠実
03本は幸福
04本は信頼
05本は希望
06本は愛情
07本は情熱
08本は真実
09本は尊敬
10本は栄光
11本は努力
12本は永遠

中学生や高校生のお小遣いで
お花を贈る時には1本の感謝なんかは良いですね。

8本と11本を除けばどの本数の花束でも良いですし、
また、贈る相手へのメッセージとしても使えますので
覚えて置くと結構便利ですね。

まとめ

赤色やピンクのカーネーションは
定番で花言葉も良い意味合いですので

贈る相手は選びませんが
本数でのメッセージも是非とも伝えたいですね。

花束でと言う事になりますと12本がベストでしょうか・・・。

カーネーションの色の花言葉と
本数のメッセージの組み合わせで

貴方だけのオリジナルなプレゼントを
母の日のお祝いにしてみませんか。

最後になりますが、
虹色のカーネーションと言うのを皆さんご存知でしょうか。

オランダで開発されて
ハッピーフラワーとも呼ばれています。

花言葉も感謝ですのでサプライズの
プレゼントには持って来いの派手派手な色合いです。

スポンサーリンク

Menu

HOME

TOP