母の日に贈るカーネーションの色の意味、花言葉を知りたい?

皆さん母の日のプレゼントを
毎年お母さんにちゃんと贈れていますか?

私は恥ずかしながら
ちょくちょく忘れてしまい

後からお詫びの言葉とカーネーションを
プレゼントすると言う事も再々です。

まあ、
実の母親だからと言う甘えが
チラホラと見え隠れしているんですけどね・・・。

何時もCarnationは
赤色のカーネーションを渡していたんですけど

そのカーネーションの色には意味が、
花言葉があるんだと言う事を最近知りました。

皆さんは御存知でしたか?

私の母は赤色と白色の
カーネーションの意味は知っていましたが

その他の色のことは知らないみたい
でしたけどたまには色を変えて贈ろうかな
何て時は色に含まれている意味を知っていないと、

プレゼントする相手が義理のお母さんなどの時には
後から冷や汗をかいてしまうかもしれませんね。

スポンサーリンク

母の日に贈るカーネーションの色には意味があるの?

私が子供の頃に母の日に
プレゼントするカーネーションの色は

たしか赤色と白色だけで
お母さんが亡くなっている方が白色のカーネーションで

存命中のお母さんには赤色のカーネーション
だったと覚えていますが、

カラフルに多色のカーネーションの
それぞれの色合いには意味があるんです。

いつ頃から言われているのかは判りませんが、
赤・白・ピンク・紫・オレンジ・黄・濃い赤・緑色のカーネーションや

最近の青色や虹色などと言うカーネーションや
絞りと呼ばれる斑模様のカーネーションまでにも

それぞれ意味が、花言葉が含まれて、隠されて、いるんです。

私が母に贈っていたのは昔からの習慣の
赤色ばかりでしたので事なきを得ましたが、

良くない意味合いの色のカーネーションを
贈っていたらと考えるとゾッとしてしまいますね。

ましてや、
実の母ならまだしも義理のお母さんが
もしこの花言葉を知っていたりしたら・・・

知らなかったで済むと良いんですが
余計な確執を生んでいたかも知れませんね。

母の日に渡すCarnationの色の花言葉は何?

それでは、それぞれのカーネーションの色に
含まれている花言葉を見ていきましょう。

赤色のカーネーションには

・母への愛、母の愛、真実の愛、熱烈な愛、

ピンク色のカーネーションには

・感謝、上品・気品、暖かい心、美しい仕草、

紫色のカーネーションには

・気品、誇り、

オレンジ色のカーネーションには

・情熱、熱烈な愛、清らかな慕情、

緑色のカーネーション

・癒し、感動、集団美、

青色のカーネーションには

・永遠の幸福、

虹色のカーネーションには

・感謝、

など、上記の良い意味合いや愛情溢れる情熱的な
花言葉の意味を持っているカーネーションはプレゼントにお勧めです。

スポンサーリンク

また、

白色のカーネーションには

・亡き母を偲ぶ、私の愛は生きている、純粋な愛、

濃い赤色のカーネーションには

・欲望、私の心に哀しみを、

黄色のカーネーションには

・軽蔑、嫉妬、愛情の揺らぎ、

などと、上記の色のカーネーションには
ネガティブと言いますか余り良くない意味合いの花言葉が
含まれていますので意図的に渡すのならばともかくとして、

仏前などにお供えする時の
白色のカーネーション以外は余り使わないほうが良いと思います。

なお、

複数の色や絞り(まだら模様のもの)のカーネーションには

・私はあなたの奴隷になる、愛の拒絶、

と言う「何ですか~これは」と言う意味合いがあります。

贈る方のシチュエーションも人それぞれですので
こちらのカーネーションの贈り方にはご注意下さいね。

母の日にプレゼントするカーネーションのおすすめの本数は?

これといった決まりはありませんので
基本的にはお好きな本数で構いませんが、

お母さんの年齢分の本数を贈るとかも良いですね。

但し、
高齢の方への贈り物になりますと予算的にはキツイかもしれません。

ヨーロッパでは「愛や感謝」を
伝える時には12本の花束を贈る風習があるそうです。

ですから年齢分の本数は
少しきついかなと思われる方への
お勧めは12本で花束にしてもらいましょう。

ちなみに1本から12本まで
1本、1本に違った意味がありますので

12本も少し予算的には厳しいかもと
思われる方にはそれぞれの本数の意味を書いておきますので

お好みの本数で花束にしてもらいましょう。

1本は「感謝」
2本は「誠実」
3本は「幸福」
4本は「信頼」
5本は「希望」
6本は「愛情」
7本は「情熱」
8本は「真実」
9本は「尊敬」
10本は「栄光」
11本は「努力」
12本は「永遠」

12本の花束はダズンフラワーとも呼ばれていて
特別な日のプレゼントの本数にはおすすめですね。

まとめ

実のお母さんと義理のお母さんに贈るカーネーションも
毎年毎年、同じ色で飽きられないかなと思われる時には
花言葉の意味から選んでプレゼントしても良いですね。

かすみ草の花言葉には「感謝」が含まれていますので
白色以外のカーネーションとの組み合わせで花束にするのも
とても上品で綺麗な花束に仕上がりますね。

贈るカーネーションを決められたら
少しでも早く予約しておきましょう。

母の日の当日や前日に注文しても
品切れや余り程度の良くないカーネーションになる

恐れがありますので信頼できる花屋さんに
早めの予約でお母さんに喜んでもらいましょう。

余談になりますが
赤色のカーネーションの花言葉は

母の日が普及する以前は「哀れな心」と言う
何か正反対の意味合いでした。

誰がいつ変えたんでしょうか不思議ですね。
と言うか変えても良いんだ・・・?

スポンサーリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP