お中元ののし紙の書き方とマナーは?のしの種類と、貼り方は?

7月のはじめ頃から贈られる
もはや夏の風物詩とも言える恒例の御中元、

15日頃迄を目安に関東地方では贈られます。

関西地方では1ヶ月ほど遅くて
7月中旬から8月15日頃までに贈ります。

その、
贈るお中元商品にのしを掛けるのを躊躇ったり、
全く掛けずに贈ったり、

また、
のし紙の書き方やマナーなどが分からないなどと
お困りの皆さんの為に書き方やマナーを書いておきます。

スポンサーリンク

お中元ののし紙の分かりやすい書き方とマナーは?

御中元に使うのし紙は
紅白の蝶結びの水引と熨斗が印刷されている
掛け紙を使うのが一般的です。

蝶結びの水引の上の真ん中に
「御中元」と書き、

水引の下側の真ん中あたりに
「姓名」を書きます。

性だけでも良いのですが
出来ればフルネームで書いて置いた方が良いですね。

連名の場合には
右側から左側に役職の高い方から順番に書きます。

三人までは姓名を書きますが
それ以上に連名の方がいらっしゃる場合には

代表者の姓名の左横に他一同と書きます。

役職が無い場合には
年齢順とか目上の方からという風に右から左に書きます。

表書きは
関東圏では7月の初めから7月の15日迄に贈る場合には
「御中元」と書きますが、

7月15日以降になる場合には「暑中御見舞」と書きます。

更に遅くなり
8月7日頃(立秋)から9月の上旬に贈る場合には
「残暑御見舞」と書いて送ります。

また、
関西圏では7月中旬から8月15日の間が
「御中元」でそれ以降に贈る時には「残暑御見舞」として贈ります。

お住いの地域によっては
贈る時期が違う所もございますがそのような時には
お住いの地域の慣習で送られて構いません。

もしもお住いの地域で
お中元を贈る時期がわからない時には

スポンサーリンク

一般的な7月の初めから7月の15日迄に贈るのが良いでしょう。

また、
関東と関西でも一般的な時期と違う所も有りますが
それぞれの慣習で送られて下さい。

目上の方に贈る時のマナーとしては
「暑中御見舞」「残暑御見舞」の表書きで贈る時には、
「暑中御伺い」「残暑御伺い」と書き換えて贈って下さい。

表書きや名前を書く時には
毛筆で書くのが正式ですが筆ペンやフェルトペンでもOKです。
楷書体で書き崩し文字などは使わないようにしましょう。

お中元ののし紙の種類は?

大きく分けて商品を包み込むタイプの掛け紙と
細長い短冊タイプの短冊のしと
無地の掛け紙の3種類があります。

一般的な掛け紙タイプののし紙には
紅白の水引と熨斗が印刷されていますので

御中元や暑中御見舞や残暑御見舞と
贈る時期によっては表書きを変えて送ります。

短冊のしも同じく贈る時期によって表書きを変えて下さい。

無地の掛け紙は自分や相手様が喪中の時に使います。

お中元ののし紙の貼り方は?

贈る品物に貼るタイプの熨斗紙は
商品を包装紙で包む前に貼る内のしと

商品を包装してから
上に貼り付ける外のしに分けられます。

御中元の文字が品物の中央になる様に貼り付けます。

控えめに贈りたい時には内のしで
手渡しで贈る時などには外のしで掛けると良いでしょう。

短冊熨斗は一般的には品物の右上に貼り付けます。

熨斗紙の簡易版みたいなものですから
正式なルールが無いみたいですが、基本的には品物の右上に貼りましょう。

まとめ

のし紙の表書きや名前は
毛筆で書くのが正式ですが普通は
筆ペンやフェルトペンを使い書きますね。

のし紙も短冊タイプでも掛け紙タイプでも良いんですが

上司や目上の方に贈る時には
簡易版の短冊タイプでは無い方の
のし紙を掛けた方が良いでしょう。

のし紙の書き方とマナーには
余り難しい決まり事などもありませんので覚えやすいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP