浴衣のマナー昼に着るのはNGですか?着て行ける場所と、時期は?

夏の女性の
ファッションの1つでもあります浴衣!

涼し気な浴衣姿を
見る事が出来る日本の文化に万歳ですが、

浴衣を着てお出かけする時の
タブーを皆さんは知っていますか?

昼と夜のどちらに着ると良いのか、
浴衣姿で入っても良いところや
浴衣を着ても可笑しくない季節

などなどのマナー
とも言える事柄をまとめてみました。

同じ和服だけど
浴衣と着物との格の違いなどもこんな所で分かるんですね。

スポンサーリンク

浴衣のマナーとして昼に着るのはダメですか?

その昔は

関東の方では浴衣は昼着るものではなく
関西の方では浴衣は昼から来てもらいたい

などと言った
西と東で風習が違う所もあったそうですが

現代では余り気にする必要はないでしょう。

むしろ昼間着る浴衣と
夜着る浴衣の種類には気を付けて貰いたい・・・
と言ったところでしょうか。

昼間に着る時には
余り透けないように色物や柄物の浴衣姿で、

夜に着る時には
昼間よりは見えにくいので白色や無地の浴衣姿でも良いでしょう。

そして昼間の浴衣姿で外出する時には

着こなしや着崩れに注意して
歩く時の姿や椅子に腰掛ける時の姿勢や
車の乗り降りなどの時の注意などなど、

たくさん気を付けなければいけない事がありますので

浴衣初心者の方や
まだ少し浴衣姿での動きには慣れていない方などは

昼間からの浴衣姿でのお出かけは控えて、
夜間の余り目立たない時に浴衣姿の外出で慣れるほうが良いでしょう。

尚、夕方から着てお出かけするのが本来のマナーとされています。

浴衣のマナーとして着て行けない場所はどこ?

浴衣は和服の中では
寝間きと言う分類となりますので
着物と違って入れない所も多いです。

スポンサーリンク

浴衣での入場が
禁止されている行事や建物の他にも
正装が必要な場所にも入ることは出来ません。

例えば、

クラシックのコンサートや
高級レストランや
フレンチレストラン、
ホテルのレストランに
歌舞伎や観劇などの

ジーンズがダメと言われている
所には入ることが出来ません。

とは言え、
最近では浴衣姿なら特典があります
などと言ったイベントもありますので
着物とは違った浴衣姿での気分を味わって下さいね。

浴衣のマナーとして着る時期はいつ頃?

実は浴衣には着て良い時期が存在します。

マナーとしては
7月と8月の夏の間が浴衣のシーズンとなりますが

2ヶ月だけとは思ったよりも短い感じがしませんか。
本当に浴衣姿は夏の風物詩になりますね。

でもまあ、
6月の中盤から終盤の暑い時に着ても
可笑しくは無いと思われますしまた、

絶対にイケないと言う訳でも
ありませんから残暑厳しい9月にも

チャンスがあれば浴衣を着て過ぎゆく夏を
楽しみましょう。

ただし和服は
季節感をとても重要視しますので
マナーを余り踏み外し過ぎますとよく思われません。

ですから6月や9月の
浴衣はTPOを良くわきまえて着てください。

まとめ

関東と関西で昔は浴衣を着る時間が違っていたんですね。

確かに浴衣姿って
何となく夜が似合うと思うのは私だけでしょうか・・・。

また、
浴衣姿では入れない所が
結構あるのにはチョットビックリですね。

でも浴衣は昔では
寝間き代わりだと言われれば

確かにフォーマルな場所には行きづらいですね。

着物姿ならば入れるところに
浴衣と着物の格の違いを見せ付けられますね。

涼し気な浴衣姿に隠されたタブーは
いざという時の為にも覚えておきましょう。

スポンサーリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP