日焼けは食べ物でケア出来る!効果的な食べ物と、悪化する食べ物は?

真夏はともかく
5月6月の紫外線もとても強くて

外に出るのが嫌になるんですが、
仕事やお子さんの送り迎えや

家族連れでのお出かけなどなど
外出しない生活などは考えられませんね。

外に出る時には皆さん色々と
紫外線対策のグッズなどを

装備なされてお出かけされているとは思いますが、
お肌をマスクや帽子などで直接紫外線から守る

方法とは別に身体の中に取り入れて
日焼けなどからお肌を守る方法をご存知でしょうか?

そうです実は
紫外線対策に効果的な食べ物があるんです・・・。

スポンサーリンク

日焼けは食べ物でもケアしましょう!

普通の生活をしているだけでも
紫外線を浴びてしまい

お肌はダメージを受けてしまいます。

最も紫外線を全く浴びないという生活は
今度は健康のためにもいけませんので、

ある程度の時間の日光浴は必要ですが
必要以上の紫外線はお肌のダメージになってしまいます。

その為には
日焼け止め防止用の色々なグッズやアイテムで

お肌をガードしてからの外出となる訳ですが、
食べ物からでも日焼けしたお肌を回復する事が可能なんです。

また、
予防することが出来る食べ物もありますので

ぜひ皆さんもお肌のダメージ回復に効果的な
食べ物を摂るようにして下さいね。

日焼け防止に効果的な食べ物は?

β-カロチン(ビタミンA)、
ビタミンC、ビタミンE、リコピン、
アミノ酸、亜鉛などを含む野菜や果実

を食べることによって活性酸素を抑える事が可能なんです。

活性酸素とは
紫外線が当たるとお肌(皮膚)に活性酸素が作られます。

これがお肌の脂質を過酸化脂質に変化させてしまい、
この部分に紫外線を含んだメラニン色素が溜まり

シミやそばかすなどの発症の原因となります。

ですから、
抗酸化機能のある栄養素を身体に摂り入れる事によって

活性酸素を無害な酸素に変化させて
お肌のダメージを回復させる事が可能なんです。

特にβ-カロチンやビタミンCや
ビタミンEやリコピンなどは毎日摂取して
日焼け防止やダメージの回復に努めたいですね。

β-カロチン(ビタミンA)を多く含む食べ物
・かぼちゃ、にんじん、ほうれん草、しそ、モロヘイヤなどの緑黄色野菜

ビタミンCを多く含む食べ物
・ピーマン、えんどう、ブロッコリー、パセリ、キウイ、
・じゃがいも、れんこん、焼きのり、カキ、オレンジ、
・グレープフルーツ、キウイフルーツ、苺、アセロラ

スポンサーリンク

ビタミンEを多く含む食べ物
・明太子、ウナギ、あゆ、アンコウの肝、いわし、
・うに、いくら、大豆、アーモンド、ナッツ類

リコピンを多く含む食べ物
・トマト、スイカ、柿、パプリカ、グレープフルーツ、
・焼きトマト、トマトケチャップ、トマトジュース

アミノ酸を多く含む食べ物
・ねぎ、ハチミツ、豚肉、鶏卵、ベーコン、牛乳、かつお、あじ

亜鉛を多く含む食べ物
・牡蠣(生)、かに缶、うなぎ、レバー(豚・鶏)、卵黄、
・納豆、豆腐、きな粉、緑茶、鶏のささみ、アーモンド

日焼け予防に要注意食べ物とは悪化するのはこれ!

日焼け予防に効果的な食べ物を紹介しましたが
逆に悪化させる食べ物もあるのをご存知ですか・・・。

いくつかありますので、その食品と理由を書いておきます。

現代生活には欠かせない便利な食品もありますが
出来るだけ食べないように工夫しましょう。

・インスタント食品・ファストフード・冷凍食品
この食品に含まれている防腐剤が原因でお肌の新陳代謝を
さまたげたり、メラニンの生成を促進するからなんです。

・アルコール
日焼けを増幅させて酷くしてしまいます。

・きゅうり・セロリ・にんじん・パセリ
・レモン・オレンジ・キウイ・グレープフルーツなど柑橘系の果物
光毒性物質であるソラレンを
含んでいるため紫外線を吸収してしまいます。

ですから悪化させる食べ物になるんですが、
多くの食品がビタミンCなどのお肌に良い栄養素を含んでいますので

午後からや夜食べるようにして摂取しましょう。

ソラレンの働きは食後2時間で最大となりますので
紫外線が弱い時間帯に食べて置けばお肌を痛めること無く
ビタミンCなどをしっかり補給する事が可能になりますね。

まとめ

とは言え、全く紫外線を浴びないと今度は健康に
良くありませんのである程度の日光浴は必要です。

お住まいの区域の紫外線量や季節での違いはありますが
1日に10分から15分位の日光浴は最低限したいです。

ですが外出などをされれば
これくらいの時間はあっという間ですので
やはり日焼け対策や紫外線対策は必要となりますね。

お肌を守るには外側の予防だけでは無く
身体の内側からの予防やケアも

しっかりと効果的な食べ物を食べて取りましょう。

β-カロチンは
体内のビタミンAが足りない時だけ
ビタミンAに変身する優れものの栄養素です。

ビタミンA単体では
過剰摂取した時にデメリットがありますので

β-カロチンとして摂取した方が
お肌のダメージ回復にとても有効な
ビタミンAを安全に身体に取り込めます。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

乾燥肌の原因はズバリ病気なのですか?どう対策する?男性もなるの?
顔の右側に出来たニキビの原因と、対策は?治療方法はどうする?
思春期ニキビはなぜ出来るの?洗顔時の注意は?いつまでが思春期?
日焼けは食べ物が原因で酷くなる?予防、改善する食べ物は?
ニキビの原因に乾燥肌は関係する?20代からの大人ニキビの治し方は?
30代の乾燥肌はスキンケアで解消?保湿は必要?男性の場合は?
シミ日焼けを食べ物でガード?防止する食べ物と、注意する食材は?
乾燥肌とニキビは思春期のせい?治らないのは何故?治療方法は?
乾燥肌かしらお顔がムズムズ原因は?化粧水で治る?改善方法は?
40代の乾燥肌対策!おすすめの化粧品は?洗顔時の注意点は?
顔の日焼け止め塗らないとお肌はどうなる?マスクは有効か?
ニキビの原因は病気に関係するの?30代の治療法は?予防方法は?
顔の紫外線対策に安全効果的な方法は?マスクは有効?帽子の短所は?
顔の日焼け止めは必要か?敏感肌だけど大丈夫?おすすめの方法は?
ニキビが治らない原因は何?20代からは治りにくい?薬で治せる?

Menu

HOME

TOP