バックモニターで目指せ事故ゼロ!車庫入れは簡単?常に表示させる?

車の後方の死角を
ほぼ補ってくれる

バックモニターですが、

皆さんのお車には
付いていらっしゃいますか?

最近では
商用車やトラックだけではなく

自家用車にも
付いている位までに

普及してきましたね。

一度付けたならばその後の
車にも無くては成らない程の

便利さと
何よりも安全確認には

もはや手放せない
アイテムの一つと言っても

過言ではなくなっています。

スポンサーリンク

バックモニターで事故はゼロに出来るのか?

事故に関しては正直な所、
ヒューマンエラーとも言える

単純なミスや
ついうっかりと言ったミスが

人間が運転する以上
どうしても付いて来ます。

職場全体での
車両の台数が多いほど

恒久的な事故ゼロは
なかなか実現出来無いと

いうのが本音ですが、
限りなくゼロに近付ける事は可能ですね。

勿論、各ドライバーの技量と
安全運転への心構えが必要である事は

最低限の条件とも言えるでしょう。

会社や各種団体での
事故ゼロの取り組みとは違い、

個人のドライバーの方と
なりますと事故ゼロは不可能ではありません。

特に後方の視界が
ディスプレイで確認出来ると言うのは

とても有り難い機械といえます。

個人のドライバーの場合でも当然、
技量の差によって

接触や事故の起きる可能性は
違ってきますが、

どんな天才的なドライバーでも
後ろは見えませんので

後方の視界が確保出来て
安全確認が取れれば

事故の確率は
大幅に減ります。

前進していても
接触してしまうと言われる

初心者の方以外は
事故の確率を大幅に

下げる事が可能となりますね。

バックモニターで車庫入れは簡単になるか?

こちらも、
結論としては随分と

楽チンになるはずですが、

ディスプレイに表示される
各種のラインを理解する事と

慣れる事が必要とはなります。

本来バックでの車庫入れが
多いと思われますので

バックでの車庫入れ
前提でのお話になりますが、

通常、車庫に車をバックさせて
駐車させる時には

左右のドアミラーや
バックミラーで車幅の間隔を見ながら

車庫に車を侵入させます。

そして、左右の間隔を平均に、
もしくはドアの開閉のスペースを確保した

スポンサーリンク

間隔で車をバックさせていきます。

そして一番慣れが必要な
車を停止させるタイミングですが、

これがバックモニターが
付いていれば初心者の方でも

そこそこ後ろを詰めて
駐車する事が出来るんです。

初めての車でも
ディスプレイに表示される

ラインを超えること無く
ゆっくりでいいから

バックして
ラインと後ろの壁や障害物が

重なりそうなすぐ手前で
車を停止させれば

良いんですから簡単ですよね。

バックモニターは常に表示させる方が良い?

これは、ドライバーの方の
好みにもよりますが

乗用車のナビと
一体化している物は

バックに入れると
連動して後方が映ると

思われますので除いて、
後ろが見えないトラックや

箱物の車両でしたら
常時ONして置く事をお勧めします。

最もおすすめしなくても
常に表示される設定に

なっていると思いますが・・・。

特にルームミラーに
後付などで取り付けるタイプでしたら

通常は見えない後方が
見えるという事になりますので

過信は禁物ですが
安心感が付いて来ますね。

ドライバーさんの癖で
バックに入れた瞬間に

下がり始める方も
常時表示させて置いた方が

タイムラグもなく
後方の安全確認が取れますので

常に表示されて置いた方が
宜しいんじゃあないでしょうか。

まとめ

車両の台数とドライバーの人数が
多いほど事故ゼロは難しいが

後方の安全確認が取れる方が
事故ゼロに近付ける事は間違いない。

個人のドライバーの方ならば
バックモニターで後方の安全確認が取れれば

技量にもよりますが
恒久的な事故ゼロも不可能ではありません。

車の車庫入れは
バックモニターがある方が

遥かに簡単になります。

バックモニターの映像を
ディスプレイに常時表示させた方が

色々と便利かつ安全だと思いますが、
これは、ドライバーさんの好みが別れる所です。

後方が見えないトラックや
商用車などは常時ONで

後方を表示させていた方が安心感があります。

これからの乗用車などには
標準装備されるかもしれません

バックモニターですが、

一度使うと
この先も無くてはならない程に

便利なアイテムと個人的には思っています。

バック時の事故を
未然に防いでくれるバックモニター、

後方の安全確認が出来にくい車を
毎日運転しているドライバーさんは

導入を検討してみませんか。

スポンサーリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP