姪の結婚式!知りたいご祝儀の相場と渡し方!タブーな金額とは?

結婚式に招待された時に
1番悩むのがご祝儀袋の中身

つまり包む現金の
金額ではないでしょうか・・・?

招待された相手が友人だったり
職場の同僚や上司や部下だったり

親族や親戚だったり
親友とも呼べるほど中の良い友人だったり

とお招ばれしたお相手によっても
当然のごとくご祝儀の金額が

変わってくるのですが
今回は姪御さんの結婚式や披露宴に

出席する時に必要な
ご祝儀の一般的なお金の相場や

いつ頃に渡したら良いのか
また一般的に言われている

包んではいけない
NGな金額などをまとめてみました。

スポンサーリンク

姪の結婚式で渡すご祝儀の金額の相場は?

伯父や伯母と
叔父や叔母と

漢字で書くと
姪御さんの両親の兄弟姉妹によって

違っている
おじさんとおばさんですが

姪っ子に渡す
お祝儀の相場に違いはありません。

違ってくるのは、
独身や年代の違いによる時や、

出席するのが夫婦か、
何方か片方かといった時と

関西圏か関東圏との
違いといったところですね。

それでは一般的なお包の相場です。

独身の場合
・年齢が30歳代の方は5万円。
・年齢が40歳代以上の方は10万円。

結婚されている場合
・夫だけの出席の時は5万円。
・妻だけの出席の時は3万円~5万円。
・夫婦で出席の時は10万円。

関西地方は10万円が多く関東地方は5万円が多いともいわれています。

姪の結婚式!祝儀袋はいつ渡したら良い?

姪御さんの
新しい門出をお祝いする

ご祝儀ですから
お札は新札を包んで下さい。

ご祝儀袋も
5万円以上を包む時には

熨斗袋も千円以上の袋を
用意して置きましょう。

一般の参加者ではなく
親族ですので

最低でも一週間前までには
姪御さんにお渡ししましょう。

良い日を選んで
お祝いの言葉と共に

スポンサーリンク

直接お渡しするのがベストなんですが
遠方などの場合には送ってもOKです。

やむおえず送る時でも
遅くても一週間前までには着くように送って下さいね。

結婚式のご祝儀で避けたいタブーな金額とは?

結婚などのおめでたい席の
時には特に縁起をかつぎます。

ですから

「苦」や「死」を連想する様な

金額は絶対ともいえる
タブーな金額となりますので止めて下さい。

また、夫婦が別れないように

「2で割り切れる」

金額も避けた方が
いいとされています。

ですが例外的に

8万円は「末広がり」で縁起が良いのでOK、

また昨今では

「対」という意味合いで

2万円もセーフとされてきていますが、
その時にはお札を

3枚(1万円札と5千円札2枚など)で包むようにしましょう。

但し姪御さんのお包とするには
流石に少なすぎますので

止めておいたほうが無難だと思います。

それでは一般的な
包んで良い金額と包むとアウト、NGな金額です。

お祝儀にOKな数字(金額)

1.2.3.5.7.8.10.15.20・・・

お祝儀にNGな数字(金額)

4.6.9.11.12.13.14.16.・・・

基本的なルールとして

10万円以下の時には奇数の金額を包む。
(2.8.は例外的でOK)

10万円以上の時には5万円単位でお包みする。
(10.15.20.25.30.・・・)

と一般的にはいわれています。

まとめ

貴方が30代の独身者ならばお祝儀は5万円。
貴方が40代以上の独身者ならばお祝儀は10万円。
既婚者で夫だけの出席ならばお祝儀は5万円。
既婚者で妻だけの出席ならばお祝儀は3~5万円。
夫婦で出席ならばお祝儀は10万円。
お祝儀は当日ではなく遅くても一週間前には姪御さんに渡す。
おめでたい席には包んではいけないタブーな金額がある。

親族からのご祝儀は
披露宴などの参加費ではなくて

姪御さんの新しい生活への
応援と考えた方が良いでしょう。

ですから出来る方は
相場にとらわれずに

奮発してもOKなんですが、
包んではNGなタブーな金額は止めておきましょうね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP