ジューンブライドとはその由来と意味は?日本ではいつから始まった?

結婚式で有名といいますか
今では誰でも知っていると思われます

「ジューンブライド」ですが

六月の花嫁とも呼ばれていますね。

これからか結婚式を控えている女性の方や
まだまだ、憧れの状態の女性の方達の

憧れでもあるのではないでしょうか。

でも、待って下さいよ

6月って日本では梅雨真っ盛りですよね・・・。

何故、ここまで
ジューンブライドという言葉が定着したのか

そのジューンブライドの由来や意味と
日本で本格的に広まりだしたのは

いつ頃からなのかをひもといてみました。

スポンサーリンク

ジューンブライドの由来は?意味は?

まず、
ジューンブライドは

ヨーロッパが発祥の地、
起源と言われていますが

何故ヨーロッパでは
6月に結婚式を挙げる方達が多いのか・・・?

その由来には
この様な説があったんです。

まず、ヨーロッパでは
農作業で忙しい3月から5月の間に

結婚式を行うのは
いろいろな意味で難しく

そのために仕事が落ち着いてくる
6月に皆が一斉に結婚式を挙げた為に

ジューンブライドと呼ばれ始めたという説。

次にこれは
ヨーロッパの気候が関係しています。

日本と違ってヨーロッパでは
6月が一番雨が少ない月なんですね。

ですから一年で一番お天気の良い
6月に結婚式を挙げると

幸せになれると考えられたという説。

最後に
ローマの神話のお話になっちゃうんですが・・・。

ユノ(Juno)という
ローマ神話に出てくる女神は

女性の幸せを司ります。
(結婚・出産・育児など・・・)

その女神ユノの名前のJunoが
6月の英語Juneの由来となったといわれていて

スポンサーリンク

ジューンブライドは
女神ユノのご加護を頂いて

幸せに暮らすことが出来る
という考えになったという説。

以上の様な3つの説が有名ですが
どの説も納得がいくといいますか、

全部一緒でも余り違和感を覚えないですよね。

ジューンブライド、日本ではいつ頃から広まったの?

さて、ヨーロッパでは有名な
ジューンブライドですが

日本で6月と言えば
梅雨ですから殆ど雨ばかり・・・。

こんな憂鬱な時期に
わざわざ人生の晴れの門出の結婚式を

挙げる必要はないんじゃないの・・・?

お天気も足元も悪いから
出席してもらう方達にも申し訳ないし・・・。

などなどと考えられて
むしろ6月の結婚式は避けられていました。

そうなるとブライダル産業の方達は
商売上がったりとなりますので

何とかしようと考えられた一つの策が
ヨーロッパでは幸せになれると定着していた

ジューンブライドでした。

そして六月の花嫁を
日本にも流行らそうと

全力で宣伝を始めたんです。

それが1967年(昭和42年)から
1968年(昭和43年)頃の事でした。

それから徐々に梅雨時の日本でも
ジューンブライドが定着し始めて

現在に至るという所です。

まとめ

ジューンブライドはヨーロッパが起源。

ジューンブライドには3つの有名な説がある。

日本で流行りだしたのは昭和42年から昭和43年頃から。

ホテルやブライダル産業の戦略の一環で始まった。

随分と日本にも
定着した感のあります

ジューンブライドですが
まだまだ少ない時もあるそうです。

確かにお天気は気になりますものね。

ただ、あなたがもしも海外で
特にヨーロッパでの結婚式を

予定していらっしゃるならば
迷うこと無く

ジューンブライドでお幸せになって下さいね。

スポンサーリンク

関連記事

関連記事はありません

Menu

HOME

TOP