梅雨の言葉の由来は?入梅と梅雨入り、その他の気象現象の由来とは?

日本では一部の地域を覗いて
ジメジメと雨が降る時が

必ずやって来る季節がありますよね。

そうです毎年6月に入ると
やって来る「梅雨」の季節です。

毎日雨が降り続く
鬱陶しい時期なんですが

紫陽花なんかの花が綺麗に咲く
時期でもありますね。

家の中からシトシトと
降り続く雨を見るのも

風流ではありますが
出来れば来てほしくない

梅雨の季節・・・。

いつも使っている
「梅雨」という言葉何ですが

どうして「つゆ」と読むのでしょうか?

少し気になったので
その由来を調べてみました。

スポンサーリンク

梅雨という言葉の由来とは?

「梅雨」という言葉の由来には
やはりと言いますか諸説が

いくつも有りました。

その中でも有力そうな説を
幾つか紹介させて頂きますね。

1つ目

「梅雨」と書いて「ばいう」
という呼び名で

中国から伝わって来た様ですが
最初は中国でも「黴」(カビ)の

生えやすい時期の雨ですので
「黴雨」と書いて「ばいう」と

呼ばれていたんですが
語感が良くないと言われてしまい

「黴雨」という漢字が
同じ音で呼ばれる「梅雨」の

漢字に変わったみたいです。

そしてその「梅雨」(ばいう)と
いう読み方が江戸時代の頃に

「つゆ」という読み方に変わった説。

2つ目

梅雨の時期は
ほぼ毎日雨が降りますので

「毎」という漢字を用いて
「梅雨」と表現した説。

3つ目

梅の実の収穫時期は
大体6月頃になります。

そして収穫した梅の実を
梅干しにしたり梅酒に漬けたりと

加工をする季節でもあります。

その梅の収穫する時期と
収穫した梅の実を加工する時期が

6月頃ですので
降る雨の事を

「梅雨」(つゆ)と
呼び始めたという説。

また、「梅雨」(つゆ)の
名前の由来は「黴雨」の他にも

「露」(つゆ)の
語源から来たという説や

梅の実が熟して
潰れる時期でもありますので

「潰ゆ」(つゆ)と
考えられたという説

などなど
やはり色々とあるみたいですね。

入梅と梅雨入りの違いは?

梅雨の時期と

秋雨の時期は

日本の雨期と呼べる時期ですので

一年を通しても
降水量が多い時期となります。

その頃によく使われる言葉に
「入梅」とか「梅雨入り」

などが有りますね。

で皆さん、
このキーワードの違いをご存知ですか・・・?

スポンサーリンク

「入梅」とは暦の上で
毎年6月11日頃と決められている言葉です。

「八十八夜」とか「節分」
などと同じ扱いとなります。

一方の「梅雨入り」ですが
こちらは期日が決められていません。

毎年実際に梅雨に入った日が
梅雨入りの日となります。

どちらも同じ意味と
捉える事が出来ますが

期日が違うのが面白いですね。

その他の気象現象の由来は?

その他の気象現象を
表す言葉で気になった

良く聞く言葉の由来も
幾つか調べてみました。

「台風」(たいふう)

日本の夏の風物詩と
言っても良い台風ですが

その呼び名の
由来と言いますと

台風の事を古くは
「野分き」(のわき)と

源氏物語の中では
呼んでいますが

「颶風」(ぐふう)と
気象用語では呼ばれていました。

更に明治時代も末の頃からは
「颶風」(たいふう)と

漢字は違いますが
呼び名は同じくなり、

1946年以降位から
今の漢字であります

「台風」(たいふう)になったそうです。

「時雨」(しぐれ)

冬の初めの頃に
パラパラと降って来てから

止む雨の事を
時雨と呼ぶんですが

「時雨煮」(しぐれに)を
略し「時雨」とした説や

ポロポロと涙を流して
泣く姿を例えたという説などもあります。

「水無月」(みなづき)

旧暦の6月を水無月と呼びました。
(新暦では7月頃になります)

大昔には宮中などでは
6月に氷を食べて

健康祈願をする習慣が
有りましたが

庶民には
氷などは手に入りません。

その為
氷の破片を真似た

水無月という
お菓子を作り食べました。

そのお菓子の
名前から来たという説や

水無月は
水のない月ではなく

水の月を表している
説など諸説あります。

この他にも
日本の言葉には

奥深い由来を持つ言葉が
まだまだ沢山有りそうですね。

まとめ

一言で梅雨と言っても
その由来には諸説色々と有りますが

気象現象などを表す名前にも
やはり色々と諸説あり

季節ごとの表現方法や
生活に関係する事まで

関係しているのも奥が深いですね。

ジメジメと鬱陶しい時期でも
あります梅雨ですが

雨に濡れた花などが
綺麗に見える季節でもあり

風情を楽しめるのも
事実ですし

この季節でしか楽しめない
イベントも有るでしょう。

日本人なら
殆どの地域で経験する

梅雨を上手に楽しみたいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP