東京駅のグランルーフでイルミネーションやってるの?場所はどこ?

東京駅八重洲側の「未来」を象徴する玄関口として
「光に包まれるクリスタルの塔と光の帆」をデザインコンセプトに
風力発電の自然エネルギーを照明に使うなど環境にも配慮された
高層ビルグラントウキョウノースタワーとサウスタワーを繋ぐ
ペデストリアンデッキの歩行者用空間が2013年9月20日に完成しました。

230mの長さの大屋根を持ち最大幅9mの歩行者用通路と15店舗の商業ゾーンで
構成された八重洲口の新たなランドマーク、「グランルーフ」です。

東京駅のグランルーフでイルミネーションやってますか?

はい、2014年に東京駅100周年記念として開催された「Tokyo Colors.」です
が、今年も2015年12月1日~2016年1月11日までの予定で開催が決定しました。

グランルーフのイルミネーションは他のイルミネーションとは違って
グランルーフに吹きつける風をセンサーで感知、感知されたデータを元に
リアルタイムの輝きと音楽で表現しています。

オリジナルの灯具『希望の芽』は 昨年よりもより光度を上げて
より一層の輝きで幻想的な空間を演出します。

グランルーフの象徴でもあります大屋根の綺羅びやかな
ライトアップ「光の帆」も楽しみですね。

LED電球とはまた違った独特の雰囲気を醸し出している
東京駅八重洲口グランルーフのイルミネーションイベント
「Tokyo Colors.2015」、八重洲口駅前広場の一部にも
エリアを拡げて開催します!

スポンサーリンク

東京駅のグランルーフの場所は何処ですか?

何故か案内板もないのでわかりにくい方もおられるみたいですが、
まず東京駅を目指して下さい。

そして東京駅の八重洲南口又は八重洲中央口の改札を
出て正面にあるのがグランルーフです。

特徴のある大屋根が目印です。

グーグルマップはマウスのホイールで縮尺を変えれます。

まとめ

  • 東京駅八重口のランドマークの1つとして2013年9月20日に完成。
  • 2014年の東京駅100周年記念行事のイルミネーションとしてスタート。
  • 2015年も12月1日~2016年1月11日までの予定で開催が決定
  • 点灯時間は17:00~23:00(予定) ※悪天候の時は点灯を見合わせる場合があります。
  • 去年よりもパワーアップされた一瞬の変化で幻想的な空間を演出。

大屋根のライトアップの荘厳な輝きも素晴らしいですが、
紫の彩色で煌く灯具『希望の芽』には魅せられて時間を忘れてしまいます。

東京駅と言うビッグネームでの場所のイルミネーションですから
これからも続いて末永く私達を楽しませて欲しいですね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

お歳暮を両親にする時の相場は?贈る時期は?お礼状は必要か?
友チョコ大量にいるので簡単でも良い?安いのは?購入しちゃダメ?
恵方巻きに入れる具材の基本は何と何?どんな意味があるの?
2016年の恵方の方角を教えて?一覧表で恵方の方角分かりますか?
姪の成人式のお祝いは現金が良い?金額は?プレゼントなら何?
寒中見舞いは喪中への返礼となるか?年賀状の代わり?切手は地味め?
バレンタイン友チョコはやっぱ手作り?大量に?簡単でも良い?
初節句のひな祭りでのおもてなしの注意点は?献立は何種類?
成人式のお祝いにプレゼントをする?お金ですか?品物ですか?
カレッタイルミネーション2015年の見所は?期間はいつまで?
成人式のお祝いをお金でするなら、相場はいくら?いつ渡すの?
恵方巻きは手作り派買う派?巻きすなしでOK?具材に意味はあるの?
鏡餅いつまで飾ると良いの?固いよ切り方ある?焼いてはいけないの?
カレッタ汐留イルミネーション点灯時間と場所はどこ?動画見れますか?
七草粥はいつ食べると良いの?由来はどこから?作り方のコツは?

Menu

HOME

TOP