金属アレルギーとは何ですか?ネックレスが原因?対策は可能?

オシャレした時やしたい時に使いたいアイテムの1つに

貴金属や宝石で作られたジュエリーがあります。

ネックレス、ペンダント、指輪、イヤリングなどドレス姿を

一層引き立ててくれるアクセサリーは今や欠かせない

アイテムの定番になっていると言っても過言ではないでしょう。

その身に着けているアクセサリーが触れている所や付けている所の
お肌が痒くなったり赤く腫れてきたりしていませんか・・・

今まで何ともなかったのにこの間から胸元が痒くなって困っています、
そういえばネックレスを付けてからの様な気がします・・・

などの症状が身体に出始めている貴方はもしかすると

金属アレルギーが出始めているのかも知れませんね。

スポンサーリンク

金属アレルギーとはなんですか?

ひと言で云うと皮膚の自己防衛反応です。

ネックレスを胸元に付けると肌にネックレスのチェーン部分が直接触れます、

触れている部分の金属を汗が少しずつ溶かします、

溶け出した金属はイオンとなって身体の中に入ります。

体内に入ったイオンはタンパク質と結合して
アレルゲンと呼ばれるタンパク質になります。

その時に対アレルギン用の抗体が作られます。

その抗体が体内に入って出来たアレルゲンに
反応してアレルギー反応を起こします。

この様にして金属アレルギーが起こります。

アレルギー性接触皮膚炎と言い、発疹やかぶれた症状になります。

金属アレルギーを発症する時間(期間)は数日だったりはたまた数年だったりと
個人差が有りますのである日突然反応して発症し始めることもあります。

金属アレルギーはネックレスが原因ですか?

ネックレスと言うよりは様々な金属のイオンが
原因でアレルギー反応が起こります。

ですからネックレスが直接の原因ではありません、

汗で少しづつ溶け出した金属のイオンが原因で

出来た抗体とアレルゲンが反応するのが原因です。

そして、金属アレルギーを起こしやすいと言われている金属があります、

水銀、コバルト、ニッケル、クロム、パラジウムです。

逆に起こしにくい金属は

金、銀、プラチナ、チタン、ジルコニウム、タンタルなどが有ります。

スポンサーリンク

金属アレルギーの対策は有りますか?

金属アレルギーになってしまいますと
残念ながらその体質が変わることはまずありません。

その為にも普段から使うアクセサリー類には身体に優しい金属を選びましょう。

予算の許す限り純度の高いものを、アレルギーの出にくいと言われている

金属を使用しているものを身に付けるようにしましょう。

また、汗も原因の1つですので汗をかいている場合は
ネックレスを外すなどの工夫をしてみてください。

特に夏場は要注意ですね。

それでも、チタンやプラチナなどのなりにくいと言われている
金属を使っていたのに金属アレルギーになってしまったと言う貴方、

もしくはもうアレルギーになってしまっているから
アクセサリー類は諦めていますと言う貴方、

大丈夫ですよ諦めないで下さい。

金属アレルギー用のトップコートと言う物があります。
お値段も1000円位で有りますので是非試してみてください。

要はお肌に直接接触させなければ良いんですからね。

ネックレスに塗って使用します。

これでもダメな時は少しお値段は張りますが
コーティングしてくれるお店も有りますので諦めないで下さい。

まとめ

  • 金属アレルギーとはお肌と金属の接触部分の汗で溶けた金属イオンが抗体となりアレルゲンに反応して起きて発疹やかぶれた症状になる。
  • アレルギーに成りやすい金属と成りにくい金属が有る。
  • 成りにくい金属でも純度が高いほうが良い。
  • 一度金属アレルギー症状を起こすと残念ながらまず治らない。
  • 金属アレルギー用のトップコートやコーティングするお店があるから大丈夫です。

金属アレルギーを起こしにくいと言われている金属でも
個人差がありますので絶対に起きないとは言えませんのが実情です。

また、女性の方はジュエリーやアクセサリーを付ける時間も回数も
多いので汗ばんだ時には面倒ですが外すなどの工夫をしてみてください。

今回は接触アレルギータイプの金属アレルギーで記事にしていますが、

全身型金属アレルギーと言う食品や飲み薬と歯医者さんの治療で
埋め込まれた金属などから体内に入って発症するタイプもありますので

金属アレルギーにも種類が有ると言う事を覚えていて下さいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP