オス猫のマーキングが酷い!臭いを取るには?マーキング防止策は?

可愛らしい子猫も一年位も過ぎて
初めての発情期を迎える頃には成猫になります。

そして大人の仲間入りをした猫ちゃんが
この頃からマーキング行為をし始めます。

特に雄猫には尿スプレーと呼ばれる
マーキング行為がありますが
実はこの尿スプレーが厄介なんです。

何故ならばとても臭いが強くて、
発情期のマーキングのスプレー行為で

引っ掛ける尿は特に強烈な臭いでして
これには思わず鼻をつまんで閉口してしまいますね。

スポンサーリンク

オス猫のマーキングで部屋の中が凄いことに!

とてもクサイ臭いの尿スプレーを
部屋のあちこちにぴゅっぴゅっと
引っ掛けられたら大変な事になってしまいます。

ですが、
オス猫は本能でこれをやっちゃいますから
何か手を打たなければなりません。

とは言え46時中見張るわけにも行かず、
ちょっと目を離した隙に

カーペットや絨毯や布団やソファーに、
またぬいぐるみや人形などの小物類に、
柱や壁やフローリングや畳などと

部屋中の至る所に
ピュッとスプレーして
メス猫に対する性行動や
縄張りを主張してくれます。

本能には逆らえませんので
マーキングを止めるのは諦めて
臭いを消すことを最優先に考えた方が良いでしょう。

オス猫のマーキングの臭いを取るにはどうする?

猫は体臭を糞尿で排出しています。
くさい臭いを糞尿にギュッと濃縮して

体外に出してしまうので
雄猫のオシッコはとてもクサイんです。

そして尿に含まれている
コーキシンと言うタンパク質が原因で
臭いもいつまでも残り消えないのです。

クサイ臭いを消すために
1番手っ取り早いのは消臭剤を使って
臭いを取ることなのですが、

上記の様な理由で
一般的な消臭剤では
オス猫の尿の臭いは中々消すことが出来ません。

コーキシンなどを分解するのには
バイオ系や次亜塩素酸系や二酸化塩素系の
消臭剤が効果的です。

スポンサーリンク

以下に一般的に使用される猫ちゃん用の
消臭剤の特徴の記事をリンクして置きます。

気になる記事を見て下さい。

猫の尿スプレーのニオイはエタノールで消臭できますか?
ペットの尿スプレーを消せる消臭剤は有るのか?バイオ系は安全か!
ミョウバン水で猫の尿臭が解消?危険性は?作り方は簡単か?
猫がする尿の消臭には重曹が本当に有効か?安全性はどうなる?
竹酢液の消臭力で猫の尿臭にバイバイ?使い方にコツはいるの?
次亜塩素酸の消臭剤で猫がしたオシッコの臭いは・・・?
二酸化塩素で猫の尿の臭いは取れるのか?安全性に不安は?

オス猫のマーキング防止策はあるか?

オス猫の本能での行動ですので
マーキングを止めらせるのは無理があるでしょう。

ですが1つだけ効果的な方法があります。

それは去勢手術をする事です。
去勢手術をする事によって
マーキングの尿スプレーなどの
発情行為をしなくなります。

その去勢手術ですが
生後6ヶ月から1歳までの
発情期が始まる前に受けましょう。

何故ならば1歳から後にでも
手術は出来ますが発情期を経験してからの
ねこちゃんでは手術をしても
尿スプレーが止まらない猫ちゃんが
いるみたいなんです。

またストレスなどからも
スプレーをしてしまう困ったちゃんも
いますので雄猫のマーキングに対する
100パーセントの防止策は無いと
言うのが本当のところですね。

まとめ

  • 可愛かった子猫も1歳を過ぎた頃から成猫になりマーキング行為を始める。
  • 発情期の尿スプレーでのマーキングの臭いは強烈にクサイ。
  • 一般的な消臭剤ではまずダメだから猫用の消臭剤で臭いを取る事。
  • バイオ系や次亜塩素酸系や二酸化塩素系の消臭剤がコーキシンの分解には効果的。
  • オス猫は去勢手術でマーキングを止める事が出来るが完全ではない。

とにかくオス猫の
発情期の尿のクサイ臭いを
消すことが出来れば良いのですから
消臭剤を使いましょう。

ただ、消臭剤はどれを使っても消臭出来るとは限りません。
我が家の飼い猫のオシッコの臭いを
消すことが出来る消臭剤を探さなくてはいけないんです・・・。

猫ちゃんのオシッコに合った消臭剤を
早く見つけて臭いが部屋中に充満する前に
シュッシュッと吹きつけて消臭しましょうね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP