披露宴で渡す祝儀袋の選び方は?中袋の書き方は?渡し方はどうする?

結婚式の披露宴に出席する皆さん
今日式を挙げる方はお友達ですか、

それともご兄弟かな、
もしかするといとこさんや
甥や姪御さんなどの親戚の方でしょうか、

いずれにしてもおめでとうございます。

そしてご苦労さまです。

お持ちになっている
お祝いのご祝儀袋は一般的な袋でしょうか?

えっ、何でそんな事を聞くの・・・ですって、

それはね、お祝儀袋には格というものがあるんです。

中に入れる金額によって普通のタイプから
豪華なタイプにご祝儀袋は変わるんです・・・。

スポンサーリンク

披露宴で渡す祝儀袋の選び方は金額で決まる?

はい、その通りです。
婚礼のマナーとしてお包みする金額は

9万円を除く奇数の金額か
4万円と6万円を除く偶数の金額と
10万円以上と決っています。

そして、5万円から上の金額の時には
見た目も豪華に見える祝儀袋を使用します。

普通の祝儀袋に5万円以上を入れるのは
まぁ構わないんですけど

逆に1万円を豪華な祝儀袋に入れて
持って行くのは止めましょうね。

あくまで目安ですがお包みする金額の
100分の1の値段の祝儀袋を使用するのが良いでしょう。

1万円から3万円位を包む時の一般的な祝儀袋です。

水引の色は金銀のタイプもあります。

2万円から3万円位のお包みで使いたいカジュアル系の祝儀袋です。

親しい友人や後輩の結婚式には良いですが目上の方の時には使わないほうが良いでしょう。

5万円以上をお包みするときに使いたい豪華版です。

見るからに豪華で種類も色々あって迷いますね。

披露宴で渡す祝儀袋に入っている中袋の書き方は?

表側には金額を筆ペンか筆を使って
楷書で丁寧に書きます。

袋の真ん中に金と書いて
少し開けて金額を漢数字で書きます。

「金 ◯萬圓」と縦書きで書きます。

スポンサーリンク

◯中に入れる正式な数字は
「壱、弐、参、伍または五、七、八、拾」と書く大字と漢数字です。

四と九と六はタブーの金額なので使いません。

また、「金 ◯萬円」と書いてもOKです。

裏側には自分の郵便番号と住所と氏名を書きます。
住所と氏名を書く欄があればそこに書いて下さい。

正式な大字が書きづらい方は
「一、二、三、五、七、八、十」の漢数字でも良いでしょう。

披露宴に欠席する時の祝儀袋の渡し方はどうする?

出来る限り新郎新婦に手渡しで
お祝いの言葉を掛けて渡しましょう。

遠くに住んでいて会えない場合には
ご祝儀袋にお祝いのメッセージを付けて現金書留で送ります。

遅くても結婚式の一週間前までには着くように送ります。

お包みの金額は
相場の半分から3分の1ですが、

自分の結婚式の時にもし頂いていたならば
同額を入れて渡した方が後々の事を考えても
良いんではないでしょうか。

もしも、当日や前日に止む終えない用事が入り
いわゆるドタキャンになった場合には

披露宴で渡そうと思っていた金額を全額包んで
出来るだけ早い内に新郎新婦に渡すようにしましょう。

まとめ

  • ご祝儀袋は入れる金額によって選ぶ。
  • 高額を包む時にはそれなりに豪華な祝儀袋を使用する事。
  • 中袋には筆ペンか筆を使い楷書で丁寧に表には金額を大字や漢数字を使って書く。
  • 同じく裏側には郵便番号と名前と住所を筆か筆ペンで楷書で書く。
  • 欠席する時には相場の半分から3分の1を包んで出来る限り手渡しで渡す。
  • 遠くの方ならば現金書留で祝儀袋とお祝いのメッセージを遅くても結婚式の一週間前までには着くように送る。
筆ペンか筆で書くのは慣れていないと
中々上手には書けないかもですが

マナーですので少し練習してからでも
ゆっくりと丁寧に書いてみましょう。

中袋だけは売っていないみたいですので
一発勝負になりますが焦らずに頑張って書いて下さいね。

スポンサーリンク

おすすめ記事

Menu

HOME

TOP