顔の日焼け止めは必要か?敏感肌だけど大丈夫?おすすめの方法は?

日々、
美しいお肌を求めて頑張っている皆様、
ご苦労さまです。

毎日のお肌のケアにも
大変な労力を費やしていらっしゃるんではないでしょうか。

本当にご苦労さまです。

そんな、
貴方様にお尋ね致しますが、

紫外線対策はどういった方法で
お日さまをガードしてお肌を守っていらっしゃいますか?

乾燥肌や敏感肌などやニキビやシミなどの
お肌に対するケアはしっかりとなさっていても、

特に女性に取っては天敵とも言える
紫外線との戦いをなおざりにしていては
本末転倒とも言えますね。

一説ではほうれい線やシミやシワの原因は
紫外線も強く関わっていると言われていますし
顔の色も人によっては黒く日焼けしてしまいますので

美白を目指す方に取っては
紫外線対策は避けて通れない道でもあります。

では、紫外線に対するケアでも
特に一番気になるお顔に対する対策を考えていきましょう。

スポンサーリンク

顔の日焼け止めは必要ですか?

はい、
絶対と言っても良いくらいに必要になります。

先程も書きましたが、
ほうれい線やシミやシワの原因でもありますし
お肌の色を浅黒く変えたりしますので

美しいお肌や美白を目指している
女性にとっては天敵とも言える紫外線の対策には
頭を悩ましていると言っても過言ではありませんね。

また、
日焼け止めの方法についても
それぞれの女性のお肌の状態に関係して来ますので

一概にこうすれば良いですよとは言えないのが本当の所です。

ですが、
何らかの処置をして
お肌を紫外線から守らなければいけないので

個人個人が色々と試して
自分の肌に合った、負担を極力掛けない、
方法を一日でも早く見つけて実行しなくてはいけません。

何故ならば紫外線は真夏だけでは無く
5月前後でも非常に強く、

一年中気を付けていなければいけない、
特に女性にとっての天敵なんですから・・・。

顔の日焼け止め対策を敏感肌の場合はどうする?

敏感肌に限らず
お肌のトラブルの原因の張本人とも言われる

乾燥肌にとっても日焼けで受けるダメージは
少しでも避けたいのが本音ですが、

その為に日焼け止めのクリームを
付けるのには抵抗が有りますよね。

日焼け止めのクリームには
紫外線を防ぐほどにお肌に与える刺激が強いと言う
両刃の剣の如くの弱点がありますから

出来るだけ日焼け止めのクリームには
頼らないで紫外線対策をして行きたいのです。

そうしないとただでさえ、
他の人よりもカサカサになってしまっている
自分の敏感肌や乾燥肌が悪化してしまうから・・・なんです。

とは言え、
じゃあ、クリームなども付けずに
何も対策をしなければ良いのかと言いますと、

スポンサーリンク

外に出る時には
何らかの方法で紫外線をガードする事を
しなければ貴方の敏感肌は益々悪化してしまいますので

日焼け止めクリームを使わない
日焼け止めの対策を講じなければいけませんと言う事になりますね。

顔の日焼け止めにおすすめのアイテムは?

最近は、
UVカットの商品も多く出ていますので、

あからさまに顔中を覆って
如何にも怪しいと言う格好をする事は
そうそうしなくて済みますが、

どうしても
顔中と首までも隠してしまわないと

安心できないと言われる方は
残念ながら怪しげな格好になってしまいます。

確かに紫外線対策には
とても効果的でしょうが
女性としては如何なものかなと思われます。

そこまでは
思い込まないで行けると言う方には
先ず、日傘はどうでしょうか、

簡単な操作により
開くだけで首や肩や腕までをも
カバーするすぐれものですね、

但し長い時間差していると
重く感じたり、建物の中に入ると
かさばるなどのデメリットもあります。

紫外線遮蔽率と言う
読んで字のごとくの紫外線のカット率が
99パーセント以上の傘を選びましょう。

次におすすめするのは帽子です、
色が白系統よりも黒や濃い系統の方が遮蔽率は高くて
生地がポリエステル→麻→綿の順に低くなります。

軽くて持ち運びもしやすく
これもぱっと開いて頭に被るだけの簡単動作で

紫外線からガードしてくれる優れものですが
髪型が崩れる、頭が蒸れるなどの弱点もありますね。

最後にもう1つお顔にお勧めのアイテムは、

マスクです。

但し、
ただのマスクではいけません、

紫外線対策マスク(UVマスク)と
呼ばれるものでなくてはいけません。

見た目も普通のマスクと
余り変わらないので違和感も少なく
簡単に装着できますのでとても便利です。

夏場の使用時の事を考えて
通気性の良いマスクもありますので
何時でも一年中でも使えますね。

欠点としては、
蒸れる、息苦しい、暑い、化粧落ち
などがありますけど、

日焼け止めには非常に効果的な方法だと思います。
紫外線遮蔽率は90パーセント以上のマスクを選んで下さい。

まとめ

敏感肌や乾燥肌は保湿をすることによって
皮膚の乾燥を防ぐと言われていますが、

日焼けなどで
お肌を余計に乾燥させてしまっては
治りが遅くなってしまいますよね。

かと言って
日焼け止めクリームも
同じくお肌を痛める可能性がありますので

余計に紫外線対策には気を付けないといけません。

日傘だけではなく、
帽子やマスクも使って女性の天敵、

紫外線からお肌を守り少しでも
ダメージの少ない生活を心がけましょう。

短時間での使用ならば
日焼け止めクリームを利用するのも
場合によっては致し方ないかもですね。

使った後はすみやかなお肌のお手入れをお忘れなく。

スポンサーリンク

おすすめ記事

関連記事

乾燥肌かしらお顔がムズムズ原因は?化粧水で治る?改善方法は?
乾燥肌の原因はズバリ病気なのですか?どう対策する?男性もなるの?
日焼けは食べ物が原因で酷くなる?予防、改善する食べ物は?
顔の日焼け止め塗らないとお肌はどうなる?マスクは有効か?
ニキビの原因に乾燥肌は関係する?20代からの大人ニキビの治し方は?
思春期ニキビはなぜ出来るの?洗顔時の注意は?いつまでが思春期?
40代の乾燥肌対策!おすすめの化粧品は?洗顔時の注意点は?
顔の右側に出来たニキビの原因と、対策は?治療方法はどうする?
顔の紫外線対策に安全効果的な方法は?マスクは有効?帽子の短所は?
30代の乾燥肌はスキンケアで解消?保湿は必要?男性の場合は?
シミ日焼けを食べ物でガード?防止する食べ物と、注意する食材は?
日焼けは食べ物でケア出来る!効果的な食べ物と、悪化する食べ物は?
ニキビの原因は病気に関係するの?30代の治療法は?予防方法は?
ニキビが治らない原因は何?20代からは治りにくい?薬で治せる?
乾燥肌とニキビは思春期のせい?治らないのは何故?治療方法は?

Menu

HOME

TOP